Skip to main content

CuBox-iにMuBoxを入れてみた

· 2 min read

cubox-iにVoyage MuBoxを入れてみた。
MuBoxは音楽だけっぽいのでGeeXboXにする予定だけど、インストールメモを簡単に残すことにする。

▶The CuBox i From SolidRun | The Little Computer that can
http://cubox-i.com/
CuBoxはこれ。

▶Supported Boards | Voyage MuBox
http://mubox.voyage.hk/
MuBoxはこれ。
この手のジャンルはMPD(Music Player Daemon)というらしい。

▶CuBox-i | Voyage MuBox
http://mubox.voyage.hk/cubox-i
MuBoxのインストールはここ。

Voyage MuBoxをインストール

インストールにちょっと手間取ったのでメモ。
上記のページに install-mubox-cubox-i.shinstall-mubox-cubox-i-3.0.35LTS.sh というふたつのインストーラがあり、動作したのは後者。
前者も動くのかもしれないけど、今回はたいして頑張らず、両方を試したという感じ。

インストーラはLinux上で動かせと書いてあるので、VMwareを使った。
MacBook ProではVMware上のLinuxからSDカードデバイスを認識しなかったので、MacBook Airを使った。
(この個体差はなんなのだろうか?rMBPのVMwareでSDカード使えないって不便なのではないか?)

MuBoxを使う

MuBoxの入り口は3つ。

  1. ssh
  2. ブラウザ
  3. アプリ

sshとブラウザのどちらも初期アカウントは root/voyage になっている。
ssh接続はサーバー風に使う場合。
アカウントの追加とか、ネットワーク設定とかはブラウザから操作できた。 ブラウザからログインする場合は http://server/ で管理コンソールに接続できる。

接続用のアプリはこんなのがあった。
▶iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 MPoD https://itunes.apple.com/jp/app/mpod/id285063020?mt=8