読了―マンガでわかる! 誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方

thumbnail for this post

マンガでわかる! 誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方 【会話がとぎれない!話し方シリーズ】]』を読み終えた。
読み終えたのは6月下旬くらいだった気がする…。

ベストセラー『誰とでも15分以上 会話がとぎれない話し方 66のルール』をさらにわかりやすく紹介しているのが本書。会話をするときに、自分と相手の気持ちに目を向けて、「気持ちのキャッチボールをする」というシンプルな方法で会話がドンドンふくらむコツをマンガでわかりやすく紹介しています。1話読むごとに、会話力が身について会話についての悩みが吹き飛びます!

読んだ感想としては「そうだよなぁ…」と思うものの、根本的な解決にはならないと思った。

Amazonの書籍ページにこのように書いてある。

相手の話に興味を示しながら、ムリせず自然に会話をふくらませていくというやり方です。 これなら、相手が好む話題をあれこれ考えたり、話をふくらませるテクニックをたくさん駆使したりしなくても大丈夫。 どんな相手ともムリをせずに、自分のペースで会話をはずませていくことができるようになります。

言いたいことはわかる!…が、興味ない話をさらに聞きたいかというと…その話を膨らませたいとは思えない。
待ち時間の無言がつらいとか、ビジネスの上で親しくなっていた方がいいというような背景があればこのように頑張ればいいと思うが、そういう背景がなければそこまで気持ちが乗らない😅

マンガ版だったから本質が見えなかったのかもしれないが、期待していた内容とは違った。