All Posts

映画『パシフィック・リム』

映画『パシフィック・リム』をプライム・ビデオで観た。 先日、半分くらい観たまま放置していたので、残りの半分を観た。 だいぶ今さら感があるが、話題の作品は気になるので気が向いたときに観ている。 司令室のディスプレイの操作、いいね!…と思いながらも、イェーガーの操作にはふたり必要なのね…とか、妙なアンバランスさを感じるがそこがまたいいのだろう。 Wikipediaの1行目にはには次のように書かれている。 『パシ

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

プライム・ビデオで『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』を観た。 エンドロールを見て、いろいろと豪華だったことを知った。 夏休み、とある海辺の町。花火大会をまえに、「打ち上げ花火は横からみたら丸いのか?平べったいのか?」で盛り上がるクラスメイト。そんななか、典道が想いを寄せるなずなは母親の再婚が決まり転校することになった。なずなは典道を誘い、町から逃げ出そうとするのだが、母親に連れ戻されてしまう。なずなを救えなかった典道は、もどかしさからなずなが海で拾った不思議な玉を投げつける。すると、いつのまにか、連れ戻される前まで時間が巻き戻されていた…。原作は『Love Letter』『リップヴァンウィンクルの花嫁』の岩井俊二。脚本は『モテキ』『バクマン。』の大根仁。総監督を務めるのは『化物語』『魔法少女まどか☆マギカ』の新房昭之。アニメーションスタジオ「シャフト」と最強タッグを組み、“繰り返される夏の一日”を描いたラブストーリー。©2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会 監督 新房昭之, 武内宣之 主演 広瀬すず, 菅田将暉, 宮野真守 原作が岩井俊二ということで、Wikipediaを眺めてみたら懐かしいタイトルや人が!! 『虹の女神 Rainbow Song』も『ハルフウェイ』も観たなぁ…。 主題歌の『打上花火』もDAOKO×米津玄師だし、いろんな要素入れてるなぁ…と思った。 そんな中、特に気になったのはこれ! 製作総指揮 川村元気 - Wikipedia 打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか? - この人の文章、面白いのでおすすめ。 以下、本編の話が含まれる。

『この世界の片隅に』を観た

『この世界の片隅に』を観た。 少女の生活を投影しているだけあって、戦争の背景が話題にならないから、「なんで戦争しているの?誰が嬉しいの?」としか思えない。 恐ろしいのは、この悲劇が日本でも過去に起きているし、世界中のどこかで今も起きているということ…。 そういえば、クラウドファンディングで募っていたな…ということを思い出した。 [-] 片渕須直監督による『この世界の片隅に』(原作:こうの史代)のアニメ映画化を応

『ヒューゴの不思議な発明』を観た

『ヒューゴの不思議な発明』を観た。 窃盗とか不法侵入が登場するも子供ながらの行動、保安官の成長した環境による妬みと理想、じいさんの無理に忘れようとする姿勢、歯車の一部などなど、いろいろと噛み合って歯車が回りだす感じ、こういう映画は好み。

THE 有頂天ホテルを観た

『THE 有頂天ホテル』を観た。 俳優には詳しくないが、豪華な方々が出ていた気がする。 あれこれといろいろと繋がっていて、人のつながりが描かれているものの、映画としてまとめると「なんでもありだなぁ〜」という感想(笑) これがおすすめできるかというと…そうでもない。 つまらないわけではないが、面白みを語るのが難しい。 2006年の映画だったか…。

映画スノーデンを観た

スノーデンを観た。 少しは知っていたが、日本での報道はほとんどなかったような印象。 「外国の話」として、日本とは関係ないと思っている人が多かったからなのだろうか? 意識していなくても耳に入ってくるくらいの話題性があってもいいとは思うんだけど、それは日々、なんらかの情報を意識しているからなのだろうか。