nuroモバイルでスマート留守電を設定する

thumbnail for this post

携帯の回線を nuroモバイルバリュープラス にした。
https://mobile.nuro.jp/about/#value

以前から使っていた スマート留守電 は継続利用…の予定だったが、スマート留守電に nuroモバイル の文字がない!
https://www.sourcenext.com/product/smart-rusuden/

アプリからの設定は諦めて、別の方法でスマート留守電を設定することにした。
スマート留守電の仕組みを簡単に書いておくと、「電話に一定時間経っても出なかったら、指定した転送先(スマート電話)に電話を転送する」というもの。
この設定手順を以降に書く。

スマート留守電の設定手順

設定手順はシンプル。

  1. スマート留守電の番号を控える
  2. 転送電話設定の電話をする

転送電話設定のときに、何秒経過したらスマート留守電に転送するか設定するので、 転送までの秒数 は考えておくこと。
転送までの秒数は 5, 10, 15, 20, 25, 30秒から選択する。

スマート留守電の番号を控える

まずは、自分のスマート留守電の電話番号を控えておく。

  1. スマート留守電アプリを起動
  2. 左上の (ハンバーガーメニュー)をタップ
  3. 転送設定の方法 をタップ

『あなたの「スマート留守電」の番号』と表示されている電話番号を控えておく。

スマート留守電の番号

「転送電話設定」の電話をする

次に、「何秒か経過したらスマート留守電に転送する」という設定を行う。

  1. 0800-919-4006 に電話
  2. 441# を入力
  3. スマート留守電の番号 + # を入力
  4. 転送までの待ち時間を 1〜6 の番号で指定

手順2の 441#転送電話呼び出しあり を表す。
「呼び出したあとに電話を転送します」という設定。

手順4の数字は電話を転送するまでの秒数。
電話をかけて来た人は指定した秒数経過後にスマート留守電に転送される。

手順4の数字 転送までの待ち時間[秒]
1 5
2 10
3 15
4 20
5 25
6 30

参考ページ

「nuroモバイル」ソフトバンク回線プランにおける「VoLTE」及び「VoLTE(+HD)」の提供開始および特番ダイヤル「1406(留守番電話・転送電話設定)」の番号変更のお知らせ|お知らせ|So-net
https://www.so-net.ne.jp/info/m/2018/op20181127_0058.html

comments powered by Disqus