Skip to main content

One post tagged with "きみはぼくの"

View All Tags

· 2 min read

"きみはぼくの"を読み終わりました。 思っていたよりも薄い本だったのと、病院の待ち時間に読んでいたらあっとゆーまに読み終わってしまいました。 この人の作品のつながりが見えたりして、小説とは違った面白さでした。 これを読む前には、いくつかの作品を読んでおいた方がいい。 "恋愛写真" と "いま、会いにゆきます" の2作品は読んでいたものの、まだちょっと足りなかった感じ。 "Separation" と "VOICE" を読んでおけばもっと内容を把握できたと思った。

Kimi wa bokunoきみはぼくのSeparationSeparationVOICEVOICE