Skip to main content

One post tagged with "さくらのVPS"

View All Tags

· 3 min read

さくらのVPS 1GにUbuntu 11.04をインストールしたのでメモ。

OS入れ替え

まずは、OSをごっそり入れ替え。 ■ さくらインターネットVPSコントロールパネルhttps://secure.sakura.ad.jp/vpscontrol/main/reinstallこのページ右上の "カスタムOSインストールへ" に遷移する。 ここで "Ubuntu 10.04 i386" を選択。 "Ubuntu 10.04 amd64" を選んでもいいけど、ドライバ周りで悩むのもやだし、メモリ空間が広くて嬉しい恩恵もなさそうだし、無難にi386にした。 あとはウィザードに従ってインストールする。Ubuntuのインストールなので省略。ちなみに、GUIじゃなくて、CUI(テキストモード)のインストーラなので、Ubuntuをインストールしたことがある人でもGUIを期待していると表示が違います。

LANGを日本語にする

.bashrcにLANG設定を書く。
export LANG=ja_JP.UTF-8

日本語化パッケージ導入

続いて、日本語化しとく。
sudo aptitude install language-pack-ja sudo dpkg-reconfigure locales

Ubuntuをアップグレード

vi /etc/update-manager/release-upgrades
#Prompt=lts Prompt=normal
ltsになってたらnormalにする。
sudo do-release-upgrade

これを実行するだけ。 途中、いくつか質問されるが "パッケージメンテナ" を含む選択肢を選んだ。

cat /etc/lsb-release

確認して、Ubuntu 11.04にアップグレード完了。

あとはちょっとしたメモ。

SSH

クライアントでキーを作る。
ssh-keygen -t rsa
~/.ssh/id_rsa ~/.ssh/id_rsa.pub が出来る。

サーバー側設定。

mkdir ~/.ssh touch authorized_keys chmod 600 authorized_keys

authorized_keysにクライアントで作成したid_rsa.pubの内容を記述する。

/etc/ssh/sshd_config

RSAAuthentication yes PubkeyAuthentication yes PermitRootLogin no PasswordAuthentication no UsePAM no

鍵を使ってログインする。 パスワードはだめ〜。 rootはもっての外! 最低限、こんな感じ?

sudo /etc/init.d/ssh restart

sshdの再起動も忘れずに。

その他ツール類

wget zip unzip curl apache2 php5 php5-gd php5-mysql mysql-server ntp openjdk-6-jdk git-core

ntp

/etc/ntp.conf
server ntp.nict.jp server ntp.nict.jp server ntp.nict.jp
一応、国内に変えとく。
sudo /etc/init.d/ntp restart

こちらも再起動は忘れずに。

メモを書き起こした

手元に残しておいたメモを書き起こした程度。 gitoliteも設定したけど、それは後日書こうかなぁ〜。

■ Pro Git - Pro Git 4.8 Git サーバー Gitolite

http://progit.org/book/ja/ch4-8.htmlここに書いてあるまんまだったんだけどね。