Skip to main content

2 posts tagged with "システム"

View All Tags

· 7 min read

昨日書こうと思っていた "インターネットなのか、システムなのかわからないけど、軽く見られているような気がする" 件について。 パソコンに関わるものが軽く見られてるのかなぁ?

だいぶ身近になったパソコン。使い方がわからないと、詳しい人に安易に聞く人が多いと思う。そして、ちょっとでも教えないと「けち〜」と悪者にされる。そういう人に限って、どういうパソコン(OSなど)を使っていて、何をしたくて、どこがわからないのかを全く伝えようとしない。 今はインターネットがあって、インターネットを使うにはパソコンを使うから、そのまま調べてしまえばいいのに、それさえもしない…という状況。 自分で全く努力せずに聞いて、単に聞いたことだから忘れて、また聞いて…みたいなのは困る。 料理や裁縫がわからないからって、そう簡単に聞かないでしょ?

システムを作るときも、軽く扱わず、もう少し協力してよ〜って思うことがある。 依頼者と自分の間に1人以上いる場合、伝言ゲームが開始される。伝言ゲームだからずれるのは仕方ないにしても、止めちゃう人もいる。 「情報ちょうだいって伝えて」と言っても伝えてくれない人。情報もらえないのは仕方ないにしても、情報が欲しいという意図だけは伝えて欲しい。 「別に、そんな情報なくてもなんとかなるでしょ」みたいに軽く受け止められると説明する気もすごく失せる…というか、諦めて別の方法を考えることに注力する。

資料を作ろうとしても「そんな資料いるの?」って言われたりすると面倒。なんとか伝えなきゃ〜!と思いつつ説明するも、そういう人は既に聞く気があまり無いことが多い。後日、ミーティングで話をしている最中に必要になって「先日まとめたこの資料があります」と言って出しても、そういうことを言う人に限って興味を持ってなかったり…。 情報も資料も軽く扱われてるなぁ〜と感じる。

この軽い扱いが不思議。

その他諸々、ITとかネットってめんどうだなぁ〜って思う。 前にも書いたけど、ブログもmixiもTwitterも、それぞれのコンセプトに沿って利用してみようと思ってる。だから、ブログには好きなこと書くし、mixiでは知らない人からマイミクリクエストがあっても、なんでもかんでもOKしないし、Twitterもフォローされても興味がない人はフォローしないし、思ったことがあったらつぶやくし…って特別なことじゃないと思う。 それを「なんでマイミクOKしないの!?」みたいに言われたり、「あのtweetは何!?」とか言われるとめんどう〜。 マイミクOKしないのはそういう仲間だと思えないからだし、tweetは「あの人に向けて!」なんて意図はなく、自分で思ったことや感じたことをつぶやいてるだけだし…。中には「あの人に向けて!」って人もいるけど、それはtweetを "@id" から初めて指定すればいいだけのこと。 "@id" から始める場合は相手を意識するから、丁寧なtweetにしたりもするけどReTweet( "こうでしょ! RT @id" )の場合は相手に関係なく、自分のつぶやきとして丁寧語を使ったりはせず、自分を主体とした言葉にしてる。

こういうコンセプトや風習や習慣のようなのってわかりづらいんだろうなぁ〜とも思う。わかりづらいのは仕方ないにしても、わかろうとしない人, そこに興味がない人, それを意識しない人にそれを説明しても仕方ないし、難しいところ。

理解しようとする人には色々と話したり、説明したりするけど、その気が無い人には説明しない。 と言ったりすると「けち〜」となるわけですよ(笑)

· 4 min read

今日は近所の神輿を見てきた。

午前中に見たのは神輿ではなく、あれはなんというのだ? 神主さんらしき人がいたり、馬がいたり・・・。

午後はお世話になっているOさんやKさんが出るというので、見に行ってきました。 インラインスケートを履きつつ、一眼で撮影。やっぱり移動は楽。 OさんとKさんも撮ってきました!

夕方からはNさんとSさんと一緒に御飯に行ってきました。 Sさんとは初めてお会いしたものの、気さくで話しやすかった😄 今はシステムを導入してる企業も少なくないので、メーカーやベンダーとのやりとり話しなど、いろいろと聞かせていただきました。 IT屋がすべきことは "システム化" ではなく、もっと "使いやすく、楽をする方法" を提示すべきだろうと思った。 そう思えるようになったのも、ここ最近ではあるんだけど🙄

さっきまで、撮ってきた祭の写真を整理していたのだが・・・Googleすごい!!何がすごいって、写真の顔付近にマウスを持って行くと人を認識して、それを人として登録できる。 初めは写真ごとに人を登録していったんだけど、なんと、これが同名の別人物として認識されていたことに気付く。うわっ・・・と思ったけど、そこはさすがGoogle、別の人として登録していた人物を統合できた。 後ろ姿など、人の顔を認識できない場合は、自分で枠で囲って人物として扱うことが出来る。 アルバムの右に登録した人物名が表示されるので、それをクリックするとその人が写っている写真の一覧が表示される。 「自分が写っている写真は・・・」なんて探し方しなくても済む。

今までは風景主体だったため、人物を気にしたこと無いが、こんな機能があったとは・・・。 Picasaにも似た様な機能があったような気がしたけど、まさかオンラインでもここまで出来たとは驚き。