Skip to main content

3 posts tagged with "光が丘カップ"

View All Tags

· 4 min read

光が丘カップ2013

5/26(日)に行われた光が丘カップ2013を見てきた。

光が丘カップ2013 開催決定
http://hikaricup.com/2013/modules/news/index.php?page=article&storyid=14

子供もすごくうまくて全体的なレベルは年々上がっていると思う。
その反面、観客受けはされなくなってきているように思う。
以前よりも立ち止まって見ていく人がいなかった。

数年前からその傾向があると思っていて、もっと一般受けするようにしないとな〜と思いつつどうしていいかわからないままではあるんだけど、ここ最近、少しずつ見えてきたものがある。

フライヤー配り

もう10年くらい前の話だけど、渋谷や表参道あたりでインラインスケートのフライヤーを配っていたことがある。
単に「インラインスケートの認知度を上げよう」ってことだったんだけど、そう簡単には行かず…。
3人で配って、2時間で100枚くらいだったかな?

その頃と比べて認知度はほとんど変わってないと思う。
その反面、技術レベルは格段に上がっていると言える。

観客受けしない理由

観客受けしない理由はどの滑りも慎重さが見られ、パイロンを蹴らないように蹴らないように…という感じだからだと思う。
確かに蹴らない方が評価は高いんだけど、ダイナミックさが無いというか昔の粗削りの方がヒヤヒヤ感があって楽しいというか…そんな感じ。

自分の滑り じゃなくて パイロンに滑らされてる 状態。

「この次の最終を見たら帰ろうかな」って話をしていたら「これが最後だよ」と。
「え?」と思っていると、ほんとに終わった。
あの滑りが最終???もっと見応えあるんじゃないの???というのが率直な感想。

色々と試してみる

時間を見つけてインラインスケートの普及に視野を置いてみようかなと思っている。
色々と試してみたいこともあるし。

数年前と違い、格段に技術力はあがっていて、インターネットも普及し、技術革新も進んだ今なら、以前と違う方法が模索できる。
何をしたらいいかわからないけど、内輪で盛り上がるでもいいし、新規スケーターが増えるでもいいし、わかりやすい反応があるといいな。

少なくとも、自分で不便だと感じていることもそれなりにあるから、それくらいは解決したい。

· One min read

今日のインラインスケートの光が丘カップ 2011で一番印象に残っているのは、フリースタイルスケート部門の水色の服の女の子。 たぶん、岡山から来てる子で、小学2, 3年生? ともかく、他の子どもよりもさらに小柄な小さい子。

何が印象的だったか?というと、観客の楽しませ方。 パイロンに入る前のちょっとしたダンスと、スラローム途中でのダンス。 小学生のダンスを想像してもらったらなんとなくわかると思うんだけど、みんなが「かわいい〜😄 」って微笑んでしまうようなそんな感じ。 "楽しませ方" という面で、彼女は一番だった。

· 8 min read

今日はインラインスケートの大会を見に行ってきました。

■ インラインスケートスラローム選手権大会 2011 公式サイト - 光が丘カップ

http://hikaricup.com/2011/

最近はめっきりスラロームをやらなくなってしまったので、大会もほとんど見に行くことはないんだけど、スラロームにフラットを取り入れた@france8の滑りを見ることと、Twitterで何度かお話させていただいている方にも挨拶しておこうと思って行ってきました。

スラローム

感想1 - スラローム

スラローム自体の感想としては、ふたつ。 ひとつ目は、子供のレベルが高いっ!! 子供は体が柔らかいし、身長が低いこともあって恐怖感が少ないし、子供ならではの理由もあるせいか、上達が早い。実際、優勝してるのは小学生だったりするくらい。 大会などで競う場合、やっぱり子供の頃からやっておくのがいいなぁ〜と思う。

脱線 - インラインスケートって危ない?

ちょっと脱線して…インラインスケートって、転びそうで危ないってイメージがあると思うんだけど、それはそう。実際、下はコンクリートなわけだから、転んだら痛いです。だから、プロテクタというものがあるわけです。 子供と大人、滑っているのを見て、どっちがひやひやするか?というと、大人。転び方が危ない。身長が高い分、転んだ時の衝撃は大きいし、子供ほど柔らかくないし。 それとは別に、大人は転び方の練習をしたことのある人が少ないからなんじゃないかなぁ〜? インラインスケートを始めた当初、転び方も教えてくれる方に出会ったので、転び方の練習もしました。その後、何箇所もあざを作ったし、ヒップパッドが必要だったりしたけど、大きな怪我はしてないし、安心して練習できたと思ってる。 転ぶか転ばないかの瀬戸際を知りたいのに、転ぶのが怖かったら瀬戸際なんてわからないでしょ。 そんな理由から、また、転び方も含め、基礎練をやろうと思ってる。 そのついで(?)に、インラインスケート初心者が集まりやすい場を作りつつ、教えていこうかな?とも考え始めてる。 "教える" なんていうとおこがましいかもしれないけど、どうしていいかわからない人の方向性を導いたり、スラローム以外の楽しみ(e.g. 街乗り)なども知ってもらえるような方向性を考えてる。

感想2 - スラローム

脱線しすぎたので、戻ってきて…スラローム自体のふたつ目の感想は見ていて面白くないっ! これだけいきなり書くと反感を買うと思うので、視点の違いから説明。 スラロームをやっていたときであれば「すげぇ〜!!」って十分楽しめたと思うけど、最近はスラロームに求めるものをスキルだけだと思っていない。 もっと、広く認知度をあげ、インラインスケートをやっている人はもちろんのこと、やったことない観客(通行人)の方々にも楽しんでもらうことも視野に入れている。そうやってみると、スラロームの大会だからスラロームが出来てたらそれでいいんだけど、いつまでその閉じた世界でいるつもり?という思いが出てくる。

今回、審査員が頭を抱えるような(笑)「それっ、スラロームじゃないだろ!?」的なことをやった人も数名いたけど、似たような想いなのかな?と思った。

もっと違う要素も加えたいと思ってはいるものの、そう簡単ではないので、インラインスケートとは違う分野の知り合いにメールを書いて、参考意見でももらおうと思ってる。

インラインスケートってスポーツ?

最後に、今日、インラインスケートについて思ったこと。 "スポーツとして認識されなくても仕方ないよなぁ…" です。

インラインスケートって未だに知名度が低い。例えば「ローラースケートだ!」と言われたり、「ジャンプとかしたりするの?」と言われたり、「ローラーブレードでしょ?」と言われたり…。 何が違うのかわからない人に簡単に説明すると、

  • ローラースケートとは車輪の位置が違うでしょ?
  • ジャンプ以外にもジャンルがあるんだけど…
  • ローラーブレード…まぁ、そう呼ばれることもあるけど、それはインラインスケートを売ってる社名が元で…

ってことですよ!! こんな状態なのはスポーツとして認識されないんじゃなく、インラインスケートをしている人がそういう意識がないんだってこと。 そう思った理由は2つ。

  • 滑りながらたばこ吸ってる
  • 表彰の時は靴

ひとつ目のたばこについては、滑りながら吸ってもいいと思うよ、普段の練習の場で、誰にも迷惑をかけないなら。 でも、大会の休憩時間にってのはちょっと印象よくないよ。

ふたつ目の靴について。 なんで表彰の時にブーツを脱いでるの?これについては説明するとかしないじゃなくて、感覚的に訴えたい(笑) 意味分かんないもん。

まとめ

批判も書いたけど、大会を観に行ってよかったと思ってる。 子供のレベルの高さを見れたし、最近会ってない人やお初な人にも会え、ブログに書けるだけの収穫を得られたわけだしね♪