Skip to main content

9 posts tagged with "読了"

View All Tags

· 2 min read

『電子書籍を出す人は知っておきたい文章術』を読み終えた。

電子書籍を出す人は知っておきたい文章術
ゴマブックス株式会社 (2013-09-05)
売り上げランキング: 77,352

文章を書く際に気を付けていることが書いてあったので、新しいことを得たというよりは、文章を書く際の安心材料が増えたという感じか。

タイトルには「電子書籍を出す人」とあるが、電子書籍に限らず、「もう少し文章力を向上したいと思っている人」が読んでもいいと思う。

少なくとも、元は取れる(Kindle版 99円)だけの情報はある👍

· 2 min read

『おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密』を読み終えた。

おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密 しごとのわ
インプレス (2018-03-16)
売り上げランキング: 497

「この世には、おカネを手に入れる方法が6つあります」 中学2年生になった「僕」は突然、奇妙なクラブに放り込まれた——。

現役経済記者が娘に贈った、笑いと涙の経済青春小説!

内容紹介にこう書いてあるように、子供向けに書かれた本。
物語になっているから読みやすく、比較的簡単な内容。

学校では習わないことが大半なので、お金を意識したときに読み始めるにはちょうどいい本だと思うし、こどもの頃に読んでおくのもいいと思う。

· 2 min read

『魔法のコンパス 道なき道の歩き方』を読み終えた。

魔法のコンパス 道なき道の歩き方
主婦と生活社 (2017-10-19)
売り上げランキング: 3,815

以前から気になっていた書籍がセールになっていたので購入!
内容は今までやってきたこととか、考え方とか、いろいろ。
アンチはアンチなりに楽しんでいるんだけど、大きな目的は一緒になっていたり、物事の進め方というか、仕掛けというか、考え方によっては大きな変化につながるようだ。

考え方の幅を広げるための課題を残してくれた本。
考え方を改めないとつらい時代だと思っているので、こういう本は貴重。

[-] 【悲報】キンコン西野、3億円の借金を抱える | 西野亮廣ブログ Powered by Ameba
https://ameblo.jp/nishino-akihiro/entry-12381381895.html
また何かやらかすようだ(笑)

· 5 min read

『ストーリーでわかる ファシリテーター入門』を読み終えた。

ストーリーでわかる ファシリテーター入門――輝く現場をつくろう!
ダイヤモンド社 (2018-02-15)
売り上げランキング: 10,658

少し前から「ファシリテーター」という存在が気になっていた。
気になったきっかけは、あるとき、「ファシリテーターみたいなこともやっているんですね」と言われたから。ファシリテーターって言葉は聞いたことあったけど、その程度の知識しかなかった。

それからしばらくしてこの記事を目にした。

[-] なぜ、ファシリテーション・スキルを物語で伝えるのか? | ファシリテーター入門 | ダイヤモンド・オンライン
http://diamond.jp/articles/-/163116

権威主義型のハード・リーダーシップではなく、ファシリテーター型のソフト・リーダーシップに舵を切ることにより、現場とのインタラクティブな関係を築けるだけでなく、知恵とやる気を促して現場のあり方を変えていくような「学習する組織」をつくることができると思います。

ここに書いてある「権威主義型のハード・リーダーシップ」は以前から疑問をいだいていたことでもある。肩書きをリーダーシップと勘違いしていたり、適当な指示を判断だと勘違いしていたり、こういう勘違いの横行はそろそろ終わらないかなぁ…と。そんなときにこの記事で「ハード・リーダーシップ」と「ファシリテーター」が繋がったので、「ファシリテーターって面白いんじゃない?」と思い、読んでみることにした。

読んでみると…なるほどなるほど、面白い。

たまたま、プロジェクトでも別件でも、自分で話を進めないとまったく進まない気がするような状況も重なり、優先的に読むことにした。

『ザ・ファシリテーター』も気になっているんだけど、同じ著者だから読まなくてもいいものか、読んでさらに深く何かを得られるものか…悩む。

「権威主義型のハード・リーダーシップ」とは対象的な位置にありそうなティール組織、まだ読んでいないからまったくわからないんだけど、知り合いの興味範囲ということで、興味を持った。これはこれで何かを得られそうな気がしている。

ザ・ファシリテーター
ダイヤモンド社 (2012-09-14)
売り上げランキング: 9,297

· 3 min read

『システムトレード 基本と原則』を読み終えた。

システムトレード 基本と原則 (ウィザードブックシリーズ)
ブレント・ペンフォールド
パンローリング
売り上げランキング: 31,518

読み終えたのは少し前だったんだけど、書くのが遅くなってしまった。感覚的に得るものは大きかったんだけど、文章化するのに表現が難しいなぁ…と思っていたのもある。

読んだ感想は…目からうろこ!!
株式取引を継続するためには当たり前のことなんだけど、この方法をやっている人には会ったことがない(職場で聞く程度なのでいるとは思えないけど)。
ちょっと面倒ではあるんだけど、これをやっておけば負けないだろうなぁ〜って思う。

はじめの1/4くらいは結構面白く、「この濃密な内容で終わりまで行けるのか!?」と思うほど。もちろん、濃密なまま最後まで続くことはなくて半ばあたりはあまりおもしろくない。終盤はインタビューの内容が書いてある。

半ばから終盤までは「おもしろいか?」と言われるとそうでもないんだけど、「こういう意識付けは必要だよなぁ」とは思う。

この手の本、他にもあるらしく、いろいろと気になるが、共通していえることは「高い!」ということ。

システムトレード 検証と実践 ──自動売買の再現性と許容リスク
パンローリング株式会社 (2017-04-16)
売り上げランキング: 53,786
高勝率システムの考え方と作り方と検証 ウイザードブック
パンローリング (2014-03-15)
売り上げランキング: 59,419

· 2 min read

まんがでわかる 伝え方が9割 を読んだ。
単純に「面白そうだなぁ〜」くらいの軽い感じで読んだんだけど、すごく面白かった!!

この本は主に会話での話なんだけど、文章を書く時に意識していることも似ていて、「『伝え方』という意味では会話も文章も通ずるところがあるのかもなぁ〜」と思った。
文章が下手な人にも読ませたいけど、文章が下手と自覚している人は少ないし、これを読んでも文章を書く観点に気付くこともないんだろうな…。

文章の本ではないから文章としての観点に気付かないにしても、「伝え方」…というか、「伝えようとする気持ち」と「伝えるために考える」ということくらいは知ってほしいし、「意識するようになって欲しいな」と思う。

まんがでわかる 伝え方が9割
佐々木 圭一
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 1,544

· 3 min read

体を整える ツキを呼ぶカラダづかいを読んだ。

この本の説明は難しい。
著者が日々感じていることを書いただけ…と表現すると面白くないような印象になってしまいそうだが、興味深い内容だった。

一言で表すと、
「人は知恵を持ってしまったが故に本能が鈍り、自然な動きができなくなっている」
ということを著者の感じたことを含めて書いているような、そんな内容。

普段はPCを使ってばかりで体を動かすことが少ない職業だけに、普段の何気ない動作も自然に流れるように、体を活かすように動かせたらな…と思った。

こういう何気ないことというか、身体本来の能力を活かすような内容は比較的興味ある分野だと思う。
自分で何かできるか?というと、特に何かできるわけでもないんだけど、こういう本を読んでいればそのうち何か新しい感覚に気付くこともあるのではないか?と淡い期待はある。

体を整える ツキを呼ぶカラダづかい
講談社 (2014-01-31)
売り上げランキング: 6,803

· 2 min read

"女医が教える 本当に気持ちのいいセックス" を読み終えた。 仕事納めくらいのときに手持ちの本がなかったので、Amazonのほしい物リストを漁ってたら見かけたので購入。 年末年始で読み終えられそうな量だし、ちょうどいいかな?というタイミングもあって。

読んだ感想としては、面白かった。 知識欲みたいなものは読むことによって満足するし、気になってたことが書いてあったり、淡々と読み進められる。

タイトルから想像するものは人それぞれな気がするけど、男女のことを考えた真面目な本。 電車で読んだりするならカバーすることをおすすめします ;)

· 2 min read
金曜日のお昼に読了。 読み終わったので会社の本棚に戻しておいた。 ストーリー性があって、読みやすいのでおすすめ。 改めて思ったことはこんなこと。
  • "コンプライアンス" っていう言葉が先行してるけど、昔からある「ちょっとそれまずいんじゃない?」に抵触するかしないかということ。
  • ◯◯ハラスメント(セクハラ, パワハラ, ジェンダーハラスメント)って難しいな。

ジェンダーハラスメントって略語あるのかな?ジェンハラ? これって相手次第というのが大きいところがわかりづらい。 例えば「◯◯さんだから言われたらやだ」だったら、その他大勢は安全なんだろうけど、「◯◯さんだから許せる」だったら、その他大勢は対象になってしまう。 人徳やキャラクターの重要性が出てくるところでありそう。

話は変わって、今日は夕方まで起きれなかった。 起きれなかったというか、体が全く動かない。 よくわからなかったのが "体を5,6体起こさなきゃ" という感覚。 なんとか起きた後に "起きる体はひとつじゃん" と当たり前のことを思った。 いったいなんだったのか? それくらい体が動かないという感覚?

普通の生活したい。