Skip to main content

One post tagged with "GitHub Actions"

View All Tags

· 4 min read

Vercelというサービスが便利そうだったから試しに使ってみた。 読み方は「バーセル」らしい。

何が便利かって、GitHubにある記事をHTMLに変換した上で公開(ホスティング)してくれる! SSR (Server Side Generation) + ホスティングが自動で済む。 GitHubと連携しておけばPushなどをトリガーに動作してくれるので、GitHubに記事を置く仕組みさえ用意してしまえば記事として公開できる。

しかも、カスタムドメインまで無料。 CNAMEの設定をするだけ。

サービス構成がどんな感じに変わったかというと…。

  • Circle CI → GitHub Actions
  • Firebase → Vercel
  • エディタ → Contentful

試した構成​

Contentfulのエディタで記事を書き、GitHub Actionsで記事を生成 (Markdown) し、VercelでHTMLに変換して公開するという流れ。