Skip to main content

2 posts tagged with "iTerm"

View All Tags

· 2 min read

こんなツイートを目にした。

これは「iTerm起動時にIMEをOFFにしたい」ということでいいのだろうか?
「最初で日本語入力することはない」と書いてあるし、そうなのだろう…ということで解決策のひとつを記す。

iTerm起動時​

iTermには起動時にスクリプトを実行する機能がある。

sendtextatstart

"英数"を押すコマンド​

日本語入力をOFFにするということは "英数" キーを押せばよい。
ということで、ターミナル使ってるんだし、コマンドで英数キーを押させることにする。

osascript -e 'tell application "System Events" to key code 102'

まとめ​

iTermの Send text at start に osascript -e 'tell application "System Events" to key code 102' を書いておく。
iTerm起動直後に osascript... と表示されてかっこ悪ければ .bashrc や .zshrc に書くというのもありなのかも(未確認)。

  • iTerm起動直後にコマンドを実行できる
  • osascriptでキーを押させる

という紹介でした。

· 2 min read

Homebrewの動きが怪しかったから削除して、インストールし直した。
updateしたらGitのコミットメッセージを書くように促されたり、brewコマンドにパスが通ってなかったり、そんな状況。
Gitをインストールしてあった状態で brew update git したのがよくなかったのかも?

▶Homebrew — MacPorts driving you to drink? Try Homebrew!http://brew.sh/

uninstall

まずは全部消してしまおうということでこれを実行。rm -rf /usr/local/Cellar /usr/local/.git && brew cleanup

brewにパスが通ってなかったのでbrewコマンドはエラーになっていたからフルパスで。/usr/local/bin/brew cleanup

iTermが起動しない

brewでインストールしたzshを使っていたものだから、iTermが起動しなくなってしまった。
iTermの起動時に利用するシェルをbashに変更して起動。

iTerm設定

install

Homebrewのサイトに書いてあるスクリプトを実行してインストール。ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/Homebrew/homebrew/go/install)"これで元通り。

あとはbrewコマンドが使えるように /usr/local/bin にパスを通しておく。

まとめ

特になんてことないけど、シェルを消してしまったら別のシェルを使って起動するようにアプリ側の設定をすれば問題無いという話。