『おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密』を読み終えた。 おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密 しごとのわposted with amazlet at 18.06.10インプレス (2018-03-16) 売り上げランキング: 497 Amazon.co.jpで詳細を見る 「この世には、おカネを手に入れる方法が6つあります」 中学2年生になった「僕」は突然、奇妙なクラブに放り込まれた——。 現役経済記者が娘に贈った、笑いと涙の経済青春小説! 内容紹介にこう書いてあるように、子供向けに書かれた本。 物語になっているから読みやすく、比較的簡単な内容。 学校では習わないことが大半なので、お金を意識したときに読み始めるにはちょうどいい本だと思うし、こどもの頃に読んでおくのもいいと思う。

続きを読む

『魔法のコンパス 道なき道の歩き方』を読み終えた。 魔法のコンパス 道なき道の歩き方posted with amazlet at 18.06.05主婦と生活社 (2017-10-19) 売り上げランキング: 3,815 Amazon.co.jpで詳細を見る 以前から気になっていた書籍がセールになっていたので購入! 内容は今までやってきたこととか、考え方とか、いろいろ。 アンチはアンチなりに楽しんでいるんだけど、大きな目的は一緒になっていたり、物事の進め方というか、仕掛けというか、考え方によっては大きな変化につながるようだ。 考え方の幅を広げるための課題を残してくれた本。 考え方を改めないとつらい時代だと思っているので、こういう本は貴重。 [-] 【悲報】キンコン西野、3億円の借金を抱える | 西野亮廣ブログ Powered by Ameba https://ameblo.jp/nishino-akihiro/entry-12381381895.html また何かやらかすようだ(笑)

続きを読む

CircleCIに移行

ブログの管理をBitbucketからGitHubに移行した。ついでにWerckerからCircleCIに移行することにした。Werckerに不満があるわけでもないんだけど、ORACLEに買収されてしまったのでなんとなく不安が…。 これを機に、ブログのテーマの扱いも変更。 ブログのテーマ ブログはHugoで生成している。テーマはTranquilpeakを使っている。テーマは変更したいんだけど、他に気に入ったテーマがないのでもうしばらくはこのままかな。 このテーマ、少し修正したいところがある。 カテゴリ名がURLエンコードされる タイトルを記事名 | ブログ名にしたい RSSを変更したい テーマそのものを更新するとテーマの管理が大変になるが、Hugoはテーマの部分を上書きする仕組みが存在する。 config.tomlと同じ場所にlayoutsディレクトリを作成することで、テーマのlayoutsディレクトリを上書きしてくれる。 今回はこのようなファイルを追加した。 layouts ├── _default │ └── rss.xml ├── partials │ └── head.html └── taxonomy └── category.terms.html rss.xml ファイル全体。 URLは/index.xmlになるので注意。 <rss version="2.0" xmlns:atom="http://www.w3.org/2005/Atom"> <channel> <title>{{ .Site.Title }}</title> <link>{{ .Permalink }}</link> <description>Recent content on {{ .Site.Title }}</description> <generator>Hugo - gohugo.io</generator> {{ with .Site.LanguageCode }} <language>{{.}}</language> {{end}}{{ with .Site.Author.email }} <managingEditor>{{.}}{{ with $.Site.Author.name }} ({{.}}){{end}}</managingEditor> {{end}}{{ with .

続きを読む

『ストーリーでわかる ファシリテーター入門』を読み終えた。 ストーリーでわかる ファシリテーター入門――輝く現場をつくろう!posted with amazlet at 18.05.02ダイヤモンド社 (2018-02-15) 売り上げランキング: 10,658 Amazon.co.jpで詳細を見る 少し前から「ファシリテーター」という存在が気になっていた。 気になったきっかけは、あるとき、「ファシリテーターみたいなこともやっているんですね」と言われたから。ファシリテーターって言葉は聞いたことあったけど、その程度の知識しかなかった。 それからしばらくしてこの記事を目にした。 [-] なぜ、ファシリテーション・スキルを物語で伝えるのか? | ファシリテーター入門 | ダイヤモンド・オンライン http://diamond.jp/articles/-/163116 権威主義型のハード・リーダーシップではなく、ファシリテーター型のソフト・リーダーシップに舵を切ることにより、現場とのインタラクティブな関係を築けるだけでなく、知恵とやる気を促して現場のあり方を変えていくような「学習する組織」をつくることができると思います。 ここに書いてある「権威主義型のハード・リーダーシップ」は以前から疑問をいだいていたことでもある。肩書きをリーダーシップと勘違いしていたり、適当な指示を判断だと勘違いしていたり、こういう勘違いの横行はそろそろ終わらないかなぁ…と。そんなときにこの記事で「ハード・リーダーシップ」と「ファシリテーター」が繋がったので、「ファシリテーターって面白いんじゃない?」と思い、読んでみることにした。 読んでみると…なるほどなるほど、面白い。 たまたま、プロジェクトでも別件でも、自分で話を進めないとまったく進まない気がするような状況も重なり、優先的に読むことにした。 『ザ・ファシリテーター』も気になっているんだけど、同じ著者だから読まなくてもいいものか、読んでさらに深く何かを得られるものか…悩む。 「権威主義型のハード・リーダーシップ」とは対象的な位置にありそうなティール組織、まだ読んでいないからまったくわからないんだけど、知り合いの興味範囲ということで、興味を持った。これはこれで何かを得られそうな気がしている。 ザ・ファシリテーターposted with amazlet at 18.05.02ダイヤモンド社 (2012-09-14) 売り上げランキング: 9,297 Amazon.co.jpで詳細を見る ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現posted with amazlet at 18.05.02英治出版 (2018-01-24) 売り上げランキング: 100 Amazon.co.jpで詳細を見る

続きを読む

『システムトレード 基本と原則』を読み終えた。 システムトレード 基本と原則 (ウィザードブックシリーズ)posted with amazlet at 18.05.02ブレント・ペンフォールド パンローリング 売り上げランキング: 31,518 Amazon.co.jpで詳細を見る 読み終えたのは少し前だったんだけど、書くのが遅くなってしまった。感覚的に得るものは大きかったんだけど、文章化するのに表現が難しいなぁ…と思っていたのもある。 読んだ感想は…目からうろこ!! 株式取引を継続するためには当たり前のことなんだけど、この方法をやっている人には会ったことがない(職場で聞く程度なのでいるとは思えないけど)。 ちょっと面倒ではあるんだけど、これをやっておけば負けないだろうなぁ〜って思う。 はじめの1/4くらいは結構面白く、「この濃密な内容で終わりまで行けるのか!?」と思うほど。もちろん、濃密なまま最後まで続くことはなくて半ばあたりはあまりおもしろくない。終盤はインタビューの内容が書いてある。 半ばから終盤までは「おもしろいか?」と言われるとそうでもないんだけど、「こういう意識付けは必要だよなぁ」とは思う。 この手の本、他にもあるらしく、いろいろと気になるが、共通していえることは「高い!」ということ。 システムトレード 検証と実践 ──自動売買の再現性と許容リスクposted with amazlet at 18.05.02パンローリング株式会社 (2017-04-16) 売り上げランキング: 53,786 Amazon.co.jpで詳細を見る 高勝率システムの考え方と作り方と検証 ウイザードブックposted with amazlet at 18.05.02パンローリング (2014-03-15) 売り上げランキング: 59,419 Amazon.co.jpで詳細を見る

続きを読む

皆既月食

皆既月食ということで、一眼で撮った。 単焦点レンズなので、これが精一杯。 こういうときは望遠レンズが欲しくなる。

続きを読む

WerckerでGAEにデプロイしようとしたらエラーが発生。 今回は wercker というサービスアカウントを作成し、WerckerからGAEにデプロイしようとした。 ERROR: (gcloud.app.deploy) PERMISSION_DENIED: Not allowed to get project settings for project PROJECT_ID このエラーが発生したので「App Engine 管理者」の役割を設定した。 ERROR: (gcloud.app.deploy) Error uploading files: User [wercker@PROJECT_ID.iam.gserviceaccount.com] does not have permission to access b staging.PROJECT_ID.appspot.com: wercker@PROJECT_ID.iam.gserviceaccount.com does not have storage.objects.list access to staging.PROJECT_ID.appspot.com. このエラーには「ストレージのオブジェクト管理者」の役割を設定した。 「ストレージのオブジェクト作成者」ではエラーが発生した。 [-] IAM - Google Cloud Platform https://console.cloud.google.com/iam-admin/iam/project 設定はこのページからできる。 参考ページ [-] WerckerでGAEにデプロイする手順 https://findlog.github.io/55

続きを読む

先日、iPhone 7 Plusにつけていたのぞき見防止ガラスフィルムにヒビが入ったので交換することにした。 今回で3つ目なので、簡単に使用感を書き残しておくことにする。 結論からいうと、2つ目がよかった。 (ディー&ピー)D&P Iphone 8 plus/7 plus用 強化ガラスフィルム 覗き見防止 全面保護 ケースに干渉せず 黒posted with amazlet at 18.01.22Ariko 売り上げランキング: 197,961 Amazon.co.jpで詳細を見る Nimaso iPhone 7 Plus 用 強化ガラス液晶保護フィルム 【覗き見防止】3D Touch対応/業界最高硬度9H/透過率99.9% ( iPhone7 Plus )posted with amazlet at 18.01.22Nimaso 売り上げランキング: 103,438 Amazon.co.jpで詳細を見る 【安心保障付き 日本製 旭硝子】 180°のぞき見防止 日本製 旭硝子使用 iPhone8 Plus / iPhone7 Plus 対応 強化ガラスフィルム 極薄 0.33mm 3dタッチ 硬度9H ラウンドエッジ加工 クリア 覗き見防止 iPhone8 Plus iPhone7 Plus アイフォン7プラス アイフォン8プラス v017 16AC9-6-CLRsposted with amazlet at 18.

続きを読む

ときどき旅に出るカフェを読み終えた。 ときどき旅に出るカフェposted with amazlet at 18.01.16近藤 史恵 双葉社 売り上げランキング: 57,036 Amazon.co.jpで詳細を見る 内容紹介。 氷野照明に勤める奈良瑛子が近所で見つけたのは、カフェ・ルーズという小さな喫茶店。そこを一人で切り盛りしているのは、かつての同僚・葛井円だった。海外の珍しいメニューを提供するカフェ・ルーズ。旅を感じられる素敵な空間をすっかり気に入った瑛子は足しげく通うようになる。会社で起こる小さな事件、日々の生活の中でもやもやすること、そして店主の円の秘密――不思議なことに世界の食べ物たちが解決のカギとなっていく。読めば心も満たされる“おいしい”連作短編集。 たまたま目にした本の評価が高かったことと、久しぶりに小説でも読もうと思っていたときだったことが購入理由。 あまり期待せずに読んでみたんだけど、面白かった!! 聞いたことのないスイーツの名前…は既にあまり覚えていないけど、小さな事件や人間関係のつながりが面白い。 カフェと言えば、去年、なかなかよいカフェを見つけたんだけど、しばらくの間おやすみするということで軽度のカフェ難民になっていた。 年末くらいからそのカフェが復活したらしく、年始に近くを通ったら開店していたから行ってきた! あのカフェはよい😃 今のところ、コーヒーとミルクティーの行きつけはできたけど、まだ2店舗。 なかなかお気に入りのカフェはできないけど、今年はもう少しお気に入りのカフェが増えるといいなぁ。 近所だとさらに嬉しい😁 ときどき旅に出るカフェposted with amazlet at 18.01.16近藤 史恵 双葉社 売り上げランキング: 57,036 Amazon.co.jpで詳細を見る

続きを読む

パーフェクトソフトウエアを読み終えた。 パーフェクトソフトウエアposted with amazlet at 18.01.11日経BP社 (2013-08-28) 売り上げランキング: 98,530 Amazon.co.jpで詳細を見る 内容紹介を引用。 巨匠ワインバーグが説くソフトウエアテストの心得集 ワインバーグは、「テストとは、製品の品質についての情報を収集し提供することである」と説く。テストの結果は幾通りもの解釈が可能であり、とかく人は置かれた立場によって、自分の都合の良いように考えてしまいがちである。 そうした人間の甘さにくぎを刺しながらも、テストの難しさを自らが一番良く知るワインバーグの、エンジニアへの愛情が感じられる一冊。 心得集と書いてあるとおり、心得も書いてあるんだけど、「普段何気なくやっているそれも広義のテストだよね」ってことも書いてあって、無意識のうちに気にしていることに気付かされることもある。 立場によって捉え方が違う話も載っていて、「そういう捉え方はさすがにひどすぎるでしょう」と思うんだけど、言葉尻の捉え方によっては「あぁ、なるほど…」と思うことがあったり、疑似体験っぽくも読める。 最近遭遇していることに近くて、他人事ではない感覚もあり…。 良書なのでおすすめ! パーフェクトソフトウエアposted with amazlet at 18.01.11日経BP社 (2013-08-28) 売り上げランキング: 98,530 Amazon.co.jpで詳細を見る

続きを読む

プロフィール画像

Ken

living in Tokyo, Japan.

IT Architect

Japan