ときどき旅に出るカフェを読み終えた。 ときどき旅に出るカフェposted with amazlet at 18.01.16近藤 史恵 双葉社 売り上げランキング: 57,036 Amazon.co.jpで詳細を見る 内容紹介。 氷野照明に勤める奈良瑛子が近所で見つけたのは、カフェ・ルーズという小さな喫茶店。そこを一人で切り盛りしているのは、かつての同僚・葛井円だった。海外の珍しいメニューを提供するカフェ・ルーズ。旅を感じられる素敵な空間をすっかり気に入った瑛子は足しげく通うようになる。会社で起こる小さな事件、日々の生活の中でもやもやすること、そして店主の円の秘密――不思議なことに世界の食べ物たちが解決のカギとなっていく。読めば心も満たされる“おいしい”連作短編集。 たまたま目にした本の評価が高かったことと、久しぶりに小説でも読もうと思っていたときだったことが購入理由。 あまり期待せずに読んでみたんだけど、面白かった!! 聞いたことのないスイーツの名前…は既にあまり覚えていないけど、小さな事件や人間関係のつながりが面白い。 カフェと言えば、去年、なかなかよいカフェを見つけたんだけど、しばらくの間おやすみするということで軽度のカフェ難民になっていた。 年末くらいからそのカフェが復活したらしく、年始に近くを通ったら開店していたから行ってきた! あのカフェはよい😃 今のところ、コーヒーとミルクティーの行きつけはできたけど、まだ2店舗。 なかなかお気に入りのカフェはできないけど、今年はもう少しお気に入りのカフェが増えるといいなぁ。 近所だとさらに嬉しい😁 ときどき旅に出るカフェposted with amazlet at 18.01.16近藤 史恵 双葉社 売り上げランキング: 57,036 Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

パーフェクトソフトウエアを読み終えた。 パーフェクトソフトウエアposted with amazlet at 18.01.11日経BP社 (2013-08-28) 売り上げランキング: 98,530 Amazon.co.jpで詳細を見る 内容紹介を引用。 巨匠ワインバーグが説くソフトウエアテストの心得集 ワインバーグは、「テストとは、製品の品質についての情報を収集し提供することである」と説く。テストの結果は幾通りもの解釈が可能であり、とかく人は置かれた立場によって、自分の都合の良いように考えてしまいがちである。 そうした人間の甘さにくぎを刺しながらも、テストの難しさを自らが一番良く知るワインバーグの、エンジニアへの愛情が感じられる一冊。 心得集と書いてあるとおり、心得も書いてあるんだけど、「普段何気なくやっているそれも広義のテストだよね」ってことも書いてあって、無意識のうちに気にしていることに気付かされることもある。 立場によって捉え方が違う話も載っていて、「そういう捉え方はさすがにひどすぎるでしょう」と思うんだけど、言葉尻の捉え方によっては「あぁ、なるほど…」と思うことがあったり、疑似体験っぽくも読める。 最近遭遇していることに近くて、他人事ではない感覚もあり…。 良書なのでおすすめ! パーフェクトソフトウエアposted with amazlet at 18.01.11日経BP社 (2013-08-28) 売り上げランキング: 98,530 Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

『Google Cloudを使い倒せ! ゲームチェンジ時代の企業改革』を読み終えた。 [-] Google Cloudを使い倒せ! ゲームチェンジ時代の企業改革 | 加藤昌樹 https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B077SH31L1/teaplanet05-22/ref=nosim/ Google Cloudを使い倒せ! ゲームチェンジ時代の企業改革posted with amazlet at 18.01.04幻冬舎メディアコンサルティング (2017-11-30) 売り上げランキング: 8,924 Amazon.co.jpで詳細を見る 感想の前に、この本と記事についてちょっと一言。 この著者の会社に所属しています。だけど、ここに書くことは個人的な感想(本も自分で購入している)。 感想 読んだ感想は、「Googleがあれこれやっていて、いろいろと安く活用できる」ということを広く知るにはちょうどよい本だと思う。 エンジニア向けの本ではなくて、エンジニア以外の人が「こんなことしたいんだけど、やり方がわからないなぁ…」って思ったときに読むと、「Googleのサービス使うとなんとなくできそうじゃない?」って、半歩くらい踏み出せそうな気がする。 半歩踏み出したついでに、近くにいるエンジニアやシステム関連をお願いしている会社に話しかけてみるといいと思う。 機械学習やAIってキーワードも出てきているけど、キーワードに振り回されることなく、「コンピュータは以前よりも賢くなったっぽいなぁ」くらいの感覚でいいと思っている。 Google関連のサービスはとても便利なんだけど、思った以上に知られていないだけであって、知りさえすれば話が進む…そんな気がしている。 「何かを解決したい人」が読んでみるにはちょうどよい本だと思うが、読めば解決できるわけではなくて、「糸口が見えてくる」という感じ。ほんとに解決したいのであれば、上にも書いたように、近くの人に相談してみるのがよい。 Google Cloudを使い倒せ! ゲームチェンジ時代の企業改革posted with amazlet at 18.01.04幻冬舎メディアコンサルティング (2017-11-30) 売り上げランキング: 8,924 Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

2017年

今年は11月下旬あたりから仕事が重なった。 流れを考えたり、納期が迫っている中でどのように最善の成果物に仕上げるか…そんなことで頭を使う忙しさだった。体はそれほど忙しくしていない。 年明けもこの思考は続く予定なので、継続中。 一年を通して、仕事の進め方の話をする機会が多かった。 特にそういう時間を設けていたわけではないんだけど、話す機会に少し話題にしたり、気になったことをメールに書いたり、そんなことが多かった。 こういうのは効果を感じづらいんだけど、悪い方向に進んでいる感じがないからよいのだろう。 その理由が自分に関係ないとしても、それはそれでいい。 思考に関することを教えるのは難しい。 一番簡単なのは「今、目の前に起きていることを題材にする」ということなんだけど、それほどいろいろと情報が入ってくるわけでもないので、起きていることを見つけるのが難しい。 今年、仕掛け始めたことは来年も継続中なので、来年も色々とやることはありそうだ。 12⁄29(金)におじさんが亡くなった。 葬儀は来年に持ち越すのでなんか落ち着かない。
続きを読む

まんがでわかる 伝え方が9割 を読んだ。 単純に「面白そうだなぁ〜」くらいの軽い感じで読んだんだけど、すごく面白かった!! この本は主に会話での話なんだけど、文章を書く時に意識していることも似ていて、「『伝え方』という意味では会話も文章も通ずるところがあるのかもなぁ〜」と思った。 文章が下手な人にも読ませたいけど、文章が下手と自覚している人は少ないし、これを読んでも文章を書く観点に気付くこともないんだろうな…。 文章の本ではないから文章としての観点に気付かないにしても、「伝え方」…というか、「伝えようとする気持ち」と「伝えるために考える」ということくらいは知ってほしいし、「意識するようになって欲しいな」と思う。 まんがでわかる 伝え方が9割posted with amazlet at 17.11.28佐々木 圭一 ダイヤモンド社 売り上げランキング: 1,544 Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

Kindle書籍データの破壊と復旧

エラー発生 Kindleの書籍データが壊れた。 使っているKindleはKindle Papewhite (第7世代)という機種。 壊し方は簡単で、Kindleに入り切らないデータ量をまとめてダウンロードするだけ! 今まで読んでいた書籍などのデータが壊れるらしく、エラーメッセージが表示される。 もう、復旧してしまったから正確なメッセージはわからないがこんな感じ。 エラーが発生しました。削除してダウンロードしてください 復旧 削除して、ダウンロードし直したけど、データは壊れたままで開けなかった。 大量にデータをダウンロードして壊したというのはなんとなくわかっていたので、MacとKindleをUSB接続してKindleの中を覗いてみた。 読み終わった書籍のデータなどもあるので、消えてもいいものはMac側に移動して容量を確保。 その後、Kindleを再起動したらKindleに残してあった書籍は読めるようになっていた。 だけど、読みかけのデータは消えてしまった。 [-] kindle paperwhite 2012 で破損したファイルに対処する方法 | 實松アウトプット https://sanematsu.wordpress.com/2016/05/03/modify-broken-file-in-kindle-paperwhite-2012/ 似たようなことを書いている人がいたので参考までにリンクを貼っておく。
続きを読む

[読了] アドレナリンジャンキー

アドレナリンジャンキーを読んだ。 アドレナリンジャンキー プロジェクトの現在と未来を映す86パターンposted with amazlet at 17.11.06トム・デマルコ ピーター・フルシュカ ティム・リスター スティーブ・マクメナミン ジェームズ・ロバートソン スザンヌ・ロバートソン 日経BP社 売り上げランキング: 111,656 Amazon.co.jpで詳細を見る トム・デマルコの本は面白い。 今回の内容はITプロジェクトのあるある話。 プロジェクトに関係するようになって、プロジェクトに疑問を抱くようになった人は読んでみるといいと思う。 会社の先輩の話ではなく、第三者として意見を聞くように、自分が参加しているプロジェクトを客観的に捉えることを手助けしてくれると思う。 読んだからって何かが解決するわけではないけど、疑問とか、不安を少しは払拭してくれるだろうし、「自分の考えは正しかったんだ!」と自信につなげてくれることもあると思う。 プロジェクト経験者は「あるある〜」って流し読み程度でいいと思う。 [-] アドレナリンジャンキー プロジェクトの現在と未来を映す86パターン https://www.amazon.co.jp/dp/4822284018
続きを読む

MacBookの液晶掃除

以前からMacBookの液晶をきれいにしたかったんだけど、どうやってきれいにしようか悩んでいた。 Appleのサイトには次のように書いてある。 [-] Apple 製品のお手入れ方法 - Apple サポート https://support.apple.com/ja-jp/HT204172 少し湿らせた、糸くずの出ない柔らかい布でコンピュータの外面を清掃します。 開口部に湿気が入り込まないように注意してください。 コンピュータに直接液体を吹きかけないでください。表面が傷む恐れがあるため、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わないでください。 クリーナーを使いたい気分だけど、使わない方がいいらしい。 ちょうどいいクロスないかなぁ…と思っていたらたまたま安くなっている製品を見かけた。 BONTIME クリーニングクロス 超極細繊維/マイクロファイバー【カメラレンズ/スマホ/ メガネ/ 液晶/楽器対応】20cm×18cm(8枚セット/個別包装)グレー&ブルーposted with amazlet at 17.10.29BONTIME 売り上げランキング: 1,024 Amazon.co.jpで詳細を見る しかも、評判はわるくなさそう。 早速買って、試してみたらきれいになった! この製品である必要はないんだろうけど、これで解決!
続きを読む

ホウジャクという蛾

今日、ハチドリのようなものを見かけた。 ハチドリのようにきれいな色ではないし、ここは日本だし…でも、飛びながら蜜を吸っているようにも見える…。 調べてみたら、「ホウジャク」という「蛾」らしい。 飛んでいるときは蛾に見えないし、蛾にあんな飛び方する種類がいることに驚き! 容姿が蜂に似ているから「ホウジャク(蜂雀)」と呼ばれるらしい。 [-] スズメガ科 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%83%A1%E3%82%AC%E7%A7%91 詳細はWikipediaに載っているけど、「蛾」なので見ることはおすすめしない。

こっちは動画。


続きを読む

iOS 11にしてみた

iPhone 7 PlusとiPad miniをiOS 11にしてみた。 気になっていたところがいくつか改善されていた! 特に嬉しかったのがこの3つ。 コントロールセンターの表示 通知センターの時刻と日付 未使用アプリの自動削除 コントロールセンターの表示 コントロールセンターのカスタマイズの記事を見かけるが、嬉しいのはリモコン風に扱えることかも。 カスタマイズができることとも関連しているけど、下にゴチャっとしてたのが全体的になってよかったのでは?と思っている。 通知センターの時刻と日付 ロック解除後に時刻を確認するのに一度ロックして、時間見て…みたいなことをしていたからこれは嬉しい。 あと、壁紙が映えるのもよい! 未使用アプリの自動削除 未使用のアプリは自動で削除される機能がある。 アプリを整理したかったけど、整理がめんどくさかったのでこれはありがたい。 前々から、使ってないやつは警告出して削除を促してくれていいのに…と思っていたからちょうどよい。 デフォルトではオフになっているし、この機能を使ってアプリが削除されてもデータは残るらしいからあまり気にしなくても大丈夫そうだ。 まとめ iPad miniでアプリの連携も試してみたけど、なかなか活用できそう。 これはますますiPad Proが気になるぞ。 [-] iPad Pro - Apple(日本) https://www.apple.com/jp/ipad-pro/ このページに「ほとんどのノートパソコンよりもパワフル。」と書いてあるんだけど、そんなパワフルなデバイスをMacBook Proと並べて使うのももったいないというか、人の方がついていかないというか、パワフルすぎて迷ってしまう。 これで7万円くらいかぁ…安く思えてしまうから危険! iOS 11が出たことだし、実機を見てくるとするか。
続きを読む

著者の絵

Ken

living in Tokyo, Japan.

IT Architect

Japan