CircleCIに移行

ブログの管理をBitbucketからGitHubに移行した。ついでにWerckerからCircleCIに移行することにした。Werckerに不満があるわけでもないんだけど、ORACLEに買収されてしまったのでなんとなく不安が…。 これを機に、ブログのテーマの扱いも変更。 ブログのテーマ ブログはHugoで生成している。テーマはTranquilpeakを使っている。テーマは変更したいんだけど、他に気に入ったテーマがないのでもうしばらくはこのままかな。 このテーマ、少し修正したいところがある。 カテゴリ名がURLエンコードされる タイトルを記事名 | ブログ名にしたい RSSを変更したい テーマそのものを更新するとテーマの管理が大変になるが、Hugoはテーマの部分を上書きする仕組みが存在する。 config.tomlと同じ場所にlayoutsディレクトリを作成することで、テーマのlayoutsディレクトリを上書きしてくれる。 今回はこのようなファイルを追加した。 layouts ├── _default │ └── rss.xml ├── partials │ └── head.html └── taxonomy └── category.terms.html rss.xml ファイル全体。 URLは/index.xmlになるので注意。 <rss version="2.0" xmlns:atom="http://www.w3.org/2005/Atom"> <channel> <title>{{ .Site.Title }}</title> <link>{{ .Permalink }}</link> <description>Recent content on {{ .Site.Title }}</description> <generator>Hugo - gohugo.io</generator> {{ with .Site.LanguageCode }} <language>{{.}}</language> {{end}}{{ with .Site.Author.email }} <managingEditor>{{.}}{{ with $.Site.Author.name }} ({{.}}){{end}}</managingEditor> {{end}}{{ with .

続きを読む

ブログを更新後、きちんと公開されているか確認するため仕組みを用意。 ビルド失敗時と、デプロイ完了時(成功/失敗問わず)はSlackに通知。 SlackでWebhookを作成する https://slack.com/services/new/incoming-webhook まずはこのページでSlackのWebhookを作成する。 後述の$Webhook_URLを置き換えるので、Webhook URLを控えておく。 Werckerの設定 SlackのWebhook URLをWerckerから叩く設定。 [-] Slack http://devcenter.wercker.com/docs/notifications/slack オフィシャルサイトのドキュメントはこのページ。 実際のwercker.ymlを抜粋する。 build: steps: ... after-steps: - slack-notifier: url: $Webhook_URL channel: blog username: werckerbot branch: master notify_on: "failed" deploy: steps: ... after-steps: - slack-notifier: url: $Webhook_URL channel: blog username: werckerbot branch: master channelを間違えると失敗する。 Werckerのログを見ると404になっているから気付くと思う。 usernameはなんでもよい。 Slackの投稿者がusernameになる。

続きを読む

HugoのRSSが初期設定だとすべての記事を出力していた。 Hugoの初期設定じゃなくて、テーマがRSSのテンプレートを持っていなかったからかもしれない。 ./themes/tranquilpeak/layouts/_default/rss.xmlを作成した。 これでRSSがシンプルになった。 <rss version="2.0" xmlns:atom="http://www.w3.org/2005/Atom"> <channel> <title>{{ with .Title }}{{.}} on {{ end }}{{ .Site.Title }}</title> <link>{{ .Permalink }}</link> <description>Recent content {{ with .Title }}in {{.}} {{ end }}on {{ .Site.Title }}</description> <generator>Hugo -- gohugo.io</generator> {{ with .Site.LanguageCode }} <language>{{.}}</language> {{end}}{{ with .Site.Author.email }} <managingEditor>{{.}}{{ with $.Site.Author.name }} ({{.}}){{end}}</managingEditor> {{end}}{{ with .Site.Author.email }} <webMaster>{{.}}{{ with $.Site.Author.name }} ({{.}}){{end}}</webMaster> {{end}}{{ with .Site.Copyright }} <copyright>{{.}}</copyright> {{end}}{{ if not .Date.IsZero }} <lastBuildDate>{{ .

続きを読む

プロフィール画像

Ken

living in Tokyo, Japan.

IT Architect

Japan