Skip to main content

trac-WebAdminプラグイン

· 2 min read

tracのWebAdminプラグインを入れる。

まずはインストールが簡単になり、tracプラグインのインストールによく使われているsetuptoolsをインストール。

yum -y install python-setuptools
相変わらずお手軽なことで。
svn co http://svn.edgewall.com/repos/trac/sandbox/webadmin/ cd webadmin ./setup build sudo ./setup install
インストール完了。

プロジェクトのディレクトリ(/var/www/trac/project)にあるtrac.iniを編集。

--- trac.ini.org 2007-08-04 23:26:23.000000000 +0900 +++ trac.ini 2007-08-04 23:49:20.000000000 +0900 @@ -16,0 +17,3 @@ +[components] +webadmin.* = enabled + @@ -20 +23 @@ -link = http://example.org/ +link = http://path.to/project/ @@ -26,3 +29,2 @@ -# log_format = -log_level = DEBUG -log_type = none +log_level = INFO +log_type = file @@ -60 +62 @@ -descr = My example project +descr = Project Name @@ -64 +66 @@ -url = http://example.org/ +url = http://path/to/site/ @@ -75 +77 @@ -restrict_owner = false +restrict_owner = true @@ -89 +91 @@ -default_charset = iso-8859-15 +default_charset = UTF-8 @@ -98,2 +99,0 @@ -# request_filters = -# templates_dir =
最後のwebadminの行はWebAdminプラグインの設定。

自分にはそれなりの権限を与えておかないと(笑)

trac-admin /var/www/trac/project permission add username TRAC_ADMIN

tracの設定順序がめちゃめちゃだからそのうち整理するかな。