Skip to main content

EeePCパンフレット

· 5 min read

EeePCの実機を見てきました。 さらに、パンフレットももらってきた。

EeePC Bookletこのパンフレット、実機サイズ。かなり小さくて軽い印象。 軽いのはバッテリーがついてなかったせいもあるが、それを考慮しても軽い。

ちょっとした難点が2つ。

  • キーピッチが狭い
  • Cドライブが4GB

本体の横幅が狭いので当たり前だが、キーピッチが狭い。

注目の5万円ノート「Eee PC」日本語版を詳細レビュー――SSDで軽快動作、日本語キーも問題なし:ITprohttp://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080115/291079/?ST=ep_pc&P=4
個人差はあるだろうが、こんな例もあるという紹介。

Cドライブが4GBなのがちょっと痛い。 4GB+8GBのSSDではなく、どうせなら12GBのSSDを1つ搭載してくれた方が嬉しかった。 だけど、この4GBしかないというところを逆手にとって、改造する方々もいるようで、その方々には楽しみのひとつなんだろう😎 もちろん、個人的にはそこにモチベーションはないのだが🙄

なんだかんだと騒がれているEeePCだけど、個人的な魅力は以下の2点。

  • 駆動部分の無いPC
  • シンクライアントとしての魅力調査

駆動部分が無いPCって・・・電子が走り回って動かしてる感がちょっといい(笑) シンクライアントについては、それを考える以上、どういうところをサーバー側に置いて、どういうものはクライアント側で操作するのか?という実感がもう少し欲しい。 ってことで、4GB+8GBという制限はもしかしてうってつけのマシンではないか?と思った。 (4GBの制限を改造のモチベーションにしてる人と変わらない気がしないでもない🙄 )

他にもSSD搭載ノートPCもあり、それらも当然駆動部分が無いのだが、そっちはHDDでいいかなぁ~って感覚がある。 それなりのスペックを搭載してるのに、価格だけ飛び抜けて高くなってたり、容量が少なかったり・・・ノートPCとSSDの時代錯誤感がある。 上記の件についてはただの過渡期なだけかもしれないが、EeePCの今回のスペック、結構いいバランスなんじゃないかな?と思ったりしてる。

Bluetoothも搭載してたり、意外にステレオ(しかもDolbyのロゴが入ってた)だったりと、一家に一台/一人に一台のPCと言われつつも、使いこなせないが故に割高に感じていた(かもしれない)一般家庭にも使えるPCとしていい気がする。

Fudzillahttp://www.fudzilla.com/index.php?option=com_content&task=view&id=8584&Itemid=35

PINUPS - 上田新聞 blog版: デュアルコアのAtom 330は9月21日に発表

http://nueda.main.jp/blog/archives/003687.html
atomのDualCore版も出るらしいが、TDPが3倍以上ということもあり、用途が違うんだろうな・・・と。

「PC買ったんですよ~😃 」と人の話を聞いても、スペックや価格の割りに・・・という話しかほとんど聞いたこと無いので、この価格とスペックならいいと思う😃 (数年前、親戚のお爺さんにノートPC薦めて買わせたら、ネットもメールもデジカメもskypeも使うようになり驚いたが、そんな人は稀だと思うので)

このおもちゃ感覚なPC、身近になった風でGood!