Skip to main content

最期の会話

· 2 min read

ふと思い出した。 残しておかなきゃならないような気がしたので書いておく。

爺が亡くなるちょっと前に一時的に入院してたんだけど、見舞いに行って、帰るときに言われた一言。

◯◯(俺の親父の名前)には悪いと思わないけど、お前には悪いと思うよ
と。

来たくないなら来ないし、今までだってお互いに気を遣うことなんて無かったのに、何を言ってるんだ…と思った。 うるさいと思うこともあったし、喧嘩もすることもあったけど、気を遣わない、いい関係だったからこそ "何を言ってるんだ" と思えたんだと思う。

「じゃあな、じい、またな」 と言っていつも通り分かれたのが最期だった。

過去の記事を見たら、既に3回も書いてたよ。

■ 爺の葬儀 | Ken's evitation

http://blog.teapla.net/?p=532

■ 納骨完了 | Ken's evitation

http://blog.teapla.net/?p=559

■ 後悔せずに済んだこと | Ken's evitation

http://blog.teapla.net/?p=575