All Posts

AI vs. お年寄り

先日、お年寄り多めのカフェに行ったときの話。 隣のテーブルにお年寄りが2, 3人座って話していた。 話題は「お札の人が変わる」って話のような雑談なんだけど、おじいさんが最近スマホの使い方を少し覚えたらしく、わからないことがあるとスマホに話しかけて調べていた。 検索結果はWikipediaらしく、Wikipediaに書いてあることをスマホが読み上げてくれる。 ここまでは何気なく聞いていたのだが、このあとの展開が面白かった!!

Vercelを使ってみた

Vercelというサービスが便利そうだったから試しに使ってみた。 読み方は「バーセル」らしい。 何が便利かって、GitHubにある記事をHTMLに変換した上で公開(ホスティング)してくれる! SSR (Server Side Generation) + ホスティングが自動で済む。 GitHubと連携しておけばPushなどをトリガーに動作してくれるので、GitHubに記事を置く仕組みさえ用意してしまえば記事として公開できる。 しかも、カスタムドメインまで無料。 CNAMEの設定をするだけ。 サービス構成がどんな感じに変わったかというと…。 Circle CI → GitHub Actions Firebase → Vercel エディタ → Contentful 試した構成 Contentfulのエディタで記事を書き、GitHub Actionsで記事を生成 (Markdown) し、VercelでHTMLに変換して公開するという流れ。

本を安く買う重要性

「本を安く買うことは意外と重要なことではないか?」と思っている。 自分と本の間には相性があると思っているから、「良書だ!!」と思うこともあれば、「面白くないな…」と思うこともある。小説のように 読むこと自体を楽しみ にすることもあれば、技術書のように スキルになることを期待して 読むこともある。 有限のお金と時間 片っ端から読んでいけば期待する本に遭遇することもあると思うんだけど、それを許してくれないのが有限である「お金」と「時間」。本を買いまくるためには お金 が必要だし、読みまくるためには 時間 が必要。この2つの要素が有限である以上、効率的に本を読みたいところである。

Macのバックアップが終わらない

MacのバックアップにTime Machineを使っているんだけど、初回のバックアップが終わらない。丸一日かかって終わらず、夜はスリープに入り、翌日はまた初めからバックアップが行われる…みたいな悪循環。バックアップ対象は80GBくらい。 たぶん、Wi-Fiで初回バックアップをしようとしているのがよくないんだと思う…ということは認識している😅 今さらLANケーブルを接続するのも面倒だし、初回バックアップさせ完了してしまえば、あとはなんとかなりそうなので、このままWi-Fiでバックアップを完結したい。 調べてみたらいくつかの設定を組みわせることで解決しそうだったので試してみた。結果的に上手くいったのでメモ。

Qphotoで動画アップロード

QNAPのNASでPhotoStationを使っている。 Qphotoというスマホアプリもあって、使い勝手は悪くないんだけど、前々から困っていたことがひとつある。それが、動画アップロード。 iPhoneで撮影した動画はHEVCなのだが、PhotoStationがトランスコーディングに対応していないらしく、スマホから動画のアップロードができない。しかたなく、Macでmp4に変換してからアップロードしていたんだけど、解決する方法があった! 手順がQNAP CLUB JAPAN!の『H.265/HEVCコーデック対応Hack』に載っていた。 以下は今回の作業手順。

最近の読書

最近読んだ本を放置していたのでまとめて列挙。 まずは『Clean Architecture』から。 Clean Architecture 達人に学ぶソフトウェアの構造と設計 (アスキードワンゴ)posted with amazlet at 20.01.05ドワンゴ (2018-08-01) 売り上げランキング: 21,124 Amazon.co.jpで詳細を見る 依存関係の観点から見るとよくできていると思うが、想像できるようにあれこれ面倒。これはこれで知っておきつつ、実装初めはUseCaseがAdapterに依存していてもいっか…と思ってしまう。 話題の書籍だし、話題のアーキテクチャではあるが、「クリーンアーキテクチャが正義だ!」と思い込まない方がいいな…というのが、読了&実装してみての感想。