Skip to main content

とんでもない目覚まし

· 5 min read

朝からとんでもない目覚ましに起こされました。 まだ風邪っぽいし、だるいし、もうちょっと寝てようと思ったんだけど・・・。

とんでもない目覚ましは、親戚のおじいさんからのTEL。 電話に出てみると「言語バーが出ないんだけどどうしたらいい?」って。 個人的には言語バーが表示されてると邪魔なので無くていいと思っているんだけど、おじいさん的には文字を打つときは言語バーで日本語入力を出来るようにしたりするらしい。 というわけで、寝たまま話をしてみるも、思っていた症状とは違うらしい。

仕方ないので、こちらもWindowsを立ち上げ、本格的に対応。

この手の電話で悩むことが多いのが単語の読み替え。 今回の場合「ツールバーに言語バーが出ないんだよ」ってことらしいが、この"ツールバー"は実際は"タスクバー"のこと。 "ツールバー"と聞いた瞬間にいろんなツールバーが頭の中に浮かびはするんだけど、この浮かんだツールバーを一掃して、素人的見解と前後の単語からそれっぽいものを連想する必要あり(笑) 例えば、手がかりになるのは"バー"っていう単語。"ツール"も"タスク"も専門用語だし。 そんな感じに単語が出るたびに置き換えるし、話すときも伝わるような話し方をするので結構大変。 形とか色という共通認識だと思われる単語を使って話をするとまぁまぁ伝わる。

言語バーの件はとりあえず解決。 でも、今度はタスクバーが二段になって戻らなくなったり、ウィルスセキュリティが邪魔なんだけど・・・みたいな話に移行。 またまた悩むのが使ったことないソフトについての話題。 ウィルスセキュリティは使ったこと無いけど、おじいさん的見解ではそんなのお構いなし(笑) こういうときは感覚で答えてなんとかなるときもあるし、なんともならないときもある。 今回は「とりあえず言語バーが出てきたからいいや」ってことで解決。

今後のことも考えて「インターネットで『言語バーを表示したい』とか、したいことを入力すると似たようなことで困ってる人が出てくるよ」と教えておいた。 ・・・そしたら、早速TELあり。 「『言語バーを表示したい』って入力したら1.○○します。2.○○しますってきちんと出てきたよ。こんなのも出てくるんだなぁ」と。 それだけのための電話だったらしい。

このおじいさんはメールやインターネットを使うのがメイン。 たまに「孫(小学生)が載ってるから"○○"を調べてみてくれ」って電話がかかってきたりする。 URLを送ってくれるんじゃなくて、辿り着くためのキーワードを教えてくれるあたりが味噌(笑) ちなみに、この孫は俺からみるとハトコにあたる。 このおじいさんには世話になってるし、ハトコとも小さい頃から会ってるので、こんな話題になったりする。

好奇心旺盛だし、自分で解決をしようとするから毎回手助けはしてるし、ちょうどいい連絡するタイミングだったりするからいいんだけど、今日はWindowsから始まりました🙄