Skip to main content

Joël Robuchon - Lunch

· 7 min read

昨日(12/13[金])はガストロノミー ジョエル・ロブションに行ってきた! 記念日の日付は違うんだけど、平日でのんびりできそうで予約が取れたからこの日を予約。 ディナーは高そうだし、気楽に行ってこようということでランチにした。 気楽に…と言っても、ちょうどよさそうな服もなかったからスーツでおでかけ。

予約

予約時に肉料理は避けて欲しい旨を書いておいたら、もう少し詳細に教えて欲しいと返信が来た。 宗教的でもなんでもなく、単に肉よりも野菜料理がいいだけなんだけど、こういうちょっとした要望にもきちんと応えてくれるあたりは嬉しい。 こういう要望の時はおまかせになるから選択できないらしいが、全然問題なし。

2日前には予約確認の電話があり、細かいところまでしっかりしてる。

当日

店に着くと名前を聞かれ、しばしバーのソファで待って、準備ができたタイミングで通される。 11:30に行ったこともあって、2,3組の客くらい。 思ったよりも小さくて、これならすぐに予約いっぱいになってしまうのもわかる。 帰る頃にはお婆さんの集団がやってきて、席も結構埋まってた。

お会計はなんだかんだとかかるので、コース料理の料金×1.5〜2.0くらいは見ておいた方がいい。 写真は撮ってないけど、最後にお土産としてパンをくれた。

まとめ

堅苦しいのかな?と思っていたけど、全然そんなことはなく結構気楽に食べることが出来たから、次回も機会があれば行く。 主に対応してくれた男女の方々はとてもいい雰囲気。 有名なあの方もいて、ちょっとだけ対応してくれた。

料理の写真は下に載せた。

メニュー

ひとつひとつについてがっつりと書くつもりは無いので、写真を列挙!

メニューだいたいはメニュー通り…なんだけど、ひとつ目から早速変わって洋なしのガスパチョになっていた。ノンアルコール スパークリングワイン ノンアルコール スパークリングワイン アルコールは無しでご飯重視!パン パン はじめに出てきたパンはこれ。パンを選ぶ パンを選ぶ ここからパンを選ぶと温めて持ってきてくれる。小麦を焼いたものと洋なしジュース 洋なしのガスパチョと小麦を焼いたものの上にブルーチーズ紅芯大根とほたて 紅芯大根とほたて これがさっぱりしてて美味しかった。 ラディッシュの周りにはバターとバジルで練ったものが塗ってあって、ちょっと変わった感じだった。小麦のリゾットとちいたけ 小麦のリゾットとちいたけ 小麦の食感がよかった。 「しいたけの小さいやつで "ちいたけ" って言うんですよ、ギャグじゃなくて(笑)」と説明された(笑)野菜 野菜 バターがちょっと多めだったなぁ〜。 素材はとてもいいものらしく、どれも味が濃厚!特にまいたけ!!マンダリンオレンジのムース マンダリンオレンジのムース オレンジの味がしっかりと美味しかった。felicitation felicitation 記念日ということを伝えておくと、こんなサービスもしてくれる!! 甘くないチョコだったから全部食べることが出来た。果物とソルベ 果物とソルベ ソルベなんだけど、果実の味がしっかり。 果物も当然のように美味しかった。ミントティのミントを選ぶ ミントティのミントを選ぶ 食後の飲み物は紅茶とかコーヒーとかあるけど、別料金のももあって、フレッシュハーブティは別料金。 ワゴンからいくつか選んでそれでハーブティを作る。 はちみつも3種類から選んで、お好みで入れる。ミントティー ミントティー ミントティはポットを火で温めて出来上がり。スイーツ スイーツ これはアールグレイと最後のスイーツ。りんごスイーツとナッツ りんごスイーツとナッツ 下はりんご味。その上にナッツをメープルで固めたものが乗ってた。食後の飴 食後の飴 食べなかったけど、飴。砂糖 砂糖 入れなかったけど、砂糖。