Skip to main content

SupervisorでConfluenceを管理する

· One min read

DockerでConfluence環境を構築した際にちょっと手こずった自動起動。

Supervisor管理下に置く

ConfluenceをSupervisor管理下に置くスクリプト。

[program:confluence] command=/confluence/application/bin/start-confluence.sh -fg user=confluence stdout_logfile=/var/log/supervisor/confluence-stdout.log stderr_logfile=/var/log/supervisor/confluence-stderr.log

重要なのは以下の2つ。

  • "-fg" にしてプロセスをフォアグラウンドで動作させること。
  • confluenceユーザで起動すること。

感想

起動オプションに "-fg" なんてあったんだね〜と初めて知った。