Skip to main content

One post tagged with "POWERSLIDE"

View All Tags

· 5 min read

インラインスケートのフレームとウィールを交換した。

POWERSLIDEのAlphaというフレームに、MATTERのF0という硬さのウィール。 76, 80mmのロッカリング構成。80mmと76mmでこの間隔。 ロッカリング構成でぴったりなこのサイズ。 このMATTERのウィールのコアの内側、形がイイ!! ベアリング清掃/交換時くらいしか見ること無いけどね(笑)全体はこんな感じにウィールがよく見える。 この細身のフレームはウィール装着前から細さが気に入っていたけど、ウィールがよく見える構成も気に入っている。

ここまで揃えたなら、紐も通して、今まで以上にフィット感を得るか…と思い、S-FOURまでひと滑りすることにした。 街乗り構成じゃないけど、(スラロームに対して)悪路な分、特性を確かめようと。

この構成に変える前はSEBAの243フレーム。 今回、履いて立った直後は後ろが短めと感じた。 街乗りは今までで一番楽で滑りやすい。 路面がよくなくても、今までほどストレスがない。 243より短くなっているんだけど、直進性はAlpha方がいい。243は長かったけど、ロッカリングしてたこともあって、前後輪の接地面が遠く、結果的に3輪構成のような不安定さ。それに対して、Alphaはウィールの距離が短い分、より一本の線のようになっていて、それが直進性に繋がっていたんじゃないかな? 旋回性能も上々。短い分、ひねりを加え過ぎるとちょっと曲がり過ぎな感じはあるけど、そこは制御すればいいことだし、頑張っても曲がりづらいよりはいいかな。 最後にバックスケーティング。フロントに合わせてチューニングすると、バックになったときに不安定さが目立つことが多いけど、これはそんなことなかった。 全体的に真ん中にギュッという感じに、それぞれのバランスも詰まっているような感覚。 ここまでの感想は赤い紐を買う前の紐なしの状態。街乗りで得た感想。

今回目指した構成は "4ウィールで一本のラインを作る" だったから、今のところ期待通りの感覚。

S-FOURまでひと滑りして、買ったのはこの赤い紐。 SEBAにしてから結構経つけど、紐を通したのは初めて(笑) 紐を通したら、今までよりも縛り付ける分、足に当たる部分が出てきた。 今までのブーツも足に当たる部分はあったけど、数回履いていると当たらないようにするコツを掴んでいるから今回もあまり気にはしてない。 それよりも、履きづらさと脱ぎづらさの方が気になる。 そのうち紐を取っちゃうかもなぁ〜🙄

久しぶりにお気に入りの構成が出来た気がする♪ これでスラロームなども期待通りに動いてくれるといいなぁ〜。