Skip to main content

2 posts tagged with "SSD"

View All Tags

· 4 min read

さっき、アップルのサポートにバッテリー交換の電話をした。 バッテリーが膨れて、大変なことになってるので、その依頼をするために。

ネットとサポート経由の価格差

ネット上からでも買えるんだけど、サポートを通すと修理交換扱いになるため、少し安く購入することが出来る。 ネット上では14,800円(リチャージャブルバッテリー - MacBook(アルミニウムユニボディ))だけど、それが9,030円になる。 (ちなみに、去年の9月時点では10,900円と言われた)

決済方法

本題のSSDの話に進む前に、アップルのクレジットカードの取り扱いについて気になることあり。 バッテリーの代金の支払い方法として、2つから選択するように言われた。
  • クレジットカード決済
  • 代引決済

電話で話しているのに、どうやってクレジットカード情報を入力するのか疑問だったので、手順を聞いてみた。 そしたら、電話でクレジットカード情報を伝え、オペレーターがそれを代わりに入力するということらしい。 クレジットカード情報なんて、名前と番号(とセキュリティコード)だけで簡単に決済が出来てしまうのに、電話で伝えろと。確か、こんな話、知り合いから聞いたよ〜。そして闘ったと(笑)

オペレーターとそれについて話しても、決済方法はふたつしか用意されてないわけだし、おとなしく代引にしました。代引でも、手数料はかからないということについてはありがたい対応であるわけだし。

そんなクレジットカードに関する疑問は残りつつ…本題のSSDへっ!

SSDの確立リンク速度

電話でのやりとりの最中に、システムプロファイラを開いて、バッテリー情報を確認するんだけど、その時に気付いたのがSSDの確立リンク速度!

■ SSDに換装した | Ken's evitation

http://blog.teapla.net/?p=1189換装直後の確立リンク速度は1.5ギガビットだったんだけど、今は3ギガビットになってる!これが現在の状況。

換装時は10.6.5だったんだけど、今は10.6.7だから、10.6.6 or 10.6.7で対応されたらしい。 XbenchのDisk Testのスコアも1.5倍以上になってるし、read/writeの実測値も1.5倍以上になってる。

これが実測値。

アルミボディだけど "Pro" ではないMacBookだから、Proとの差をつけるためにこのまま放置されるんだろうなぁ〜と思ってたから、びっくり&嬉しい限り!

もうしばらく、こいつでなんとかなるんじゃないか?と思った。 もう少し軽いと嬉しいんだけどね🙄

· 2 min read

MacBook Airの速さの秘密はSSDと知り、うちのMacBookもSSDにすることにした!

結果から言うと、書き込み速度は4〜5倍くらいで、読み込み速度は10倍くらい速くなった。 体感速度は?というと、結構違う。 スリープとスリープからの復帰も違うし、Firefoxの再起動の速さもかなり違う。 速くなったというか、全体的に軽量に軽やかに動作するようになった感じ。

ただ、残念なことにSSD本来の速度が発揮できてない。

確率リンク速度が1.5ギガビットとなっている…これが3ギガビットだったらさらに2倍速いんだろうけど、このMacBook(5,1)の仕様という制限らしい。 MacBook Proは3ギガビットでリンクするらしいので、速いみたい。

SSDが安くなってきたとは言え、HDDに比べてまだまだ割高。それでも、買う価値はあると思った。 SSD使うと、HDDには戻れないね〜。