Skip to main content

Vista on Xenのサウンド設定

· 3 min read

Xen上のVistaの音が出ない件は解決。 ただ、mp3の場合は音が飛ぶ😔 mp3で飛ぶということは、DVDとか動画とかはきついか?

設定方法は簡単。

Vistaのインストール時に作った設定ファイルにsoundhwという項目がある。 < # soundhw='sb16' > soundhw='es1370' にするだけ。 Vistaが勝手にハードウェアを見つけて、WindowsUpdate経由でドライバを勝手に入れてくれる。 音飛びか~。これくらいなんとかして欲しいところだ。 mp3のデコード・・・今のマシンでそんなに必要か?デコーダがよくないのか?デコーダ・・・デコーダ!!

:!: ひらめいた❗️ さっきまで再生してたのはRealPlayer。 インストールしたてで、mp3も関連付けられたままだった。 このRealPlayerマシンしだいで動きが怪しい。 例えば、Linuxだとコマ落ちが激しかったり・・・とか。ともかく、RealPlayerに怪しさを感じたからWindows Media Playerで再生してみた。 なんと!!普通に再生できる。

このデコーダ関係というか、ファイルについて。 ファイル形式が問題なのか、プレイヤーが問題なのかわからないが、WMVとかMediaPlayerの出来の方がいいと感じる。 以前は「またMicrosoftが独自で・・・」とか思っていたが、最近はそれよりも出来がいいな・・・と感じることが多くなってきた。 そうは言っても、見た目重視のためにマシンスペックが急激に上がるとか、予想を超える犠牲はやめて欲しい🙄