Skip to main content

SOY CMSのゆるーい集まり@渋谷

· 7 min read

今日は "SOY CMSのゆるーい集まり@渋谷" に行ってきた。

会場はCAFE marbleという、渋谷のカフェ。 ■CAFE marble 〜渋谷区・オシャレなカフェ、バーをお探しならコチラ〜

http://www.cafemarble.com/

ゆるーい集まりと言うだけあって、明確なアジェンダがあるわけでもなく、SOY CMSについて話すような会。 コンセプト的なことを聞いたり、機能面の話を聞きつつも、個別授業的に回答をもらったり、そんな感じの3時間。

個人的に前から気になってたAdobe Dreamweaverの連携について聞けたのでよかった。 連携には同梱のテンプレート同期プラグインを使えばいいと言うことが判明。 プラグインは初めからいくつか同梱されてるんだけど、これがそんな機能を持っていたとは!!ということで納得&解決。 これを知っていたら、100ソイト構築のとき、もう少し楽が出来たのでは!?

SOY CMSって使うのが簡単ってことで、小規模サイトで使うイメージが定着しつつあるけど、実は大規模サイト向きであるらしい。 実際、デザインを整えながらCMS化していける。 大量に共通部品を使うようであればブロック化すればいいだけ。 開発が必要な場合はSOY2HTML(SOY2フレームワークの名称という解釈でいいのかな?)に則って実装を行えばよい。 このフレームワークはHTMLのタグと連動するように実装を行うので、デザイン(HTML)をもらって、タグを埋め込みつつ実装ということが出来る。 デザイン(HTML)にはタグを埋め込むだけなので、デザインが崩れることは無い。

タグと連動するように細かく実装をすると、タグが主体となってしまうため、コードがばらばらになってしまう。 そのばらばら感に気付けるようになったらライブラリとしてまとめたり、リファクタリングを行えばよい。 まず、動くものを作って、どうせリファクタリングが必要になるんだから、そのときに整理すればよいって考え方も好み。 それと、リファクタリングありきと言うことになると、初心者プログラマに簡単なところを任せることも出来る。 そんな話を聞きつつ、あとで一緒にリファクタリングすれば成長にもつながるし、一石二鳥なのかもしれないと思った。

SOY CMSの話題からSEOの話も少し出てきた。 「結果的に普通にHTML書いて、CSSでデザイン整えて、本来のあるべき姿でサイトを構築すれば、SEOだけやって一時的に上位になったサイトよりも結果的に上位になるんだよね」 というところに落ち着いた。 SEOの面では詳しいわけではないが、実際、そんな気がする。 このブログだって過去に書いた記事で定期的にアクセスがあったりするページもあるしね。

個別授業の間はその話を聞いたり、一緒に画面を見たりもしたけど、他の人同士で話をしたりもしてた。 そのときはGAEの話だったりと、SOY CMSに限定したわけではなかった。

ゆるーい集まりという名称だけど中身までゆるゆるなことはなく、聞きたいことは聞けたし、有意義な時間でした。 実はゆるーい集まりの前後が意外と大変だった。 まず、起きたら頭痛。昨夜から調子悪かったからなぁ。 一応、頭痛薬を持っておでかけ。 携帯に場所のメモと地図を入れて行ったにも関わらず、場所がわからずうろうろ・・・。 道行く人に聞けばほとんど無視状態のおじさんがいたり、応える気が無い人がいたりと、いろんな反応があった。 ランチに行く会社員の男女がいたので、その人に声をかけたら、その人もよくわからないながらも一緒に地図を見て悩んでくれた。 お礼を言って歩き出したら「間違ってたらごめんなさーい」と。 いえいえ、一緒に悩んでくれただけでも十分です。 結果、その人たちのおかげで会場のカフェに到着。 15分遅れくらいで到着したらFさんとIさんが既に話を始めていました。 その後、Kさん到着により、合計4名。 今回のカフェを薦めてくれた方もいるようだが、現れず・・・謎(笑) ゆるーい集まりが終わって、帰宅すると頭痛がひどく、風呂に入って体を温め、ルルアタック+ルル滋養内服液のコンビを飲み、寝た。 起きたらだいぶ回復してた。 疲れが溜まっていたのかも。