Skip to main content

3 posts tagged with "Exif"

View All Tags

· 2 min read

画像を変換するアプリ、ないかなぁ〜と探していたらよさそうなのがあった。

▶Mac App Store - Snap Converter
https://itunes.apple.com/jp/app/snap-converter/id431094796?mt=12
今日時点で400円のアプリ。

シンプル明確、文句なし。

満足している機能​

  • 長編指定でのリサイズ
  • EXIF保持
  • Wartermark
  • ネイティブ動作

写真には縦横あるから長編サイズで指定したい。主にこの機能だけあればいいやって感じだったんだけど、他にもEXIFを残してくれたり、Watermark(透かし文字)入れてくれたりするのもなにげに便利。
透かしは文字と画像に対応しているから、凝らなくていいときは文字にしておけばお手軽。

アプリだからだいたいはネイティブ動作になるんだけど、速度もこんなもんだろう。
2000枚近い、総量150GBのファイルでもブログを書く準備してたら終わってた。
こういう作業は合間にやるから、遅くなければいい…という、その程度の気持ちでいるのがよい。

まとめ​

画像のリサイズはしばらくこれ一本だろう。

▶Mac App Store - Fotor画像処理 - Photo Effect & Collage Maker
https://itunes.apple.com/jp/app/fotor-hua-xiang-chu-li-photo/id503039729?mt=12
ちょっとした手直しが必要なときはこれが便利。

· One min read

EXIFを元にファイル名を変更しつつ、ディレクトリを移動するコマンド。

ExifTool by Phil Harvey

http://www.sno.phy.queensu.ca/~phil/exiftool/

やりたいこと

  • 撮影日をファイル名にする
  • 撮影年/撮影日ディレクトリにファイルを移動する
  • 撮影時刻が同じだった場合は連番にする

撮影時刻は秒まで入れているので、連写でもしない限り同一ファイル名にはならないけど最近の一眼は高性能で連写出来てしまうので、念のため。

exiftoolで実行

exiftool '-FileName < CreateDate' -d %Y/%m/%Y-%m-%d_%H-%M-%S%%-c.%%e *

末尾を * にしているので、ディレクトリ配下全てのファイルが対象。

· 2 min read

今使っている一眼がちょっと古いこともあって、カメラを縦向きにして撮ってもその情報をExifに書き込んでくれない。
何が困るかというと、表示の際に90℃傾いていること。

やりたいことは写真の向きを整えることなんだけど、この時に別のExif情報はいじらないで欲しい。
Macのプレビューのような画像ビューアで回転するのもいいんだけど、Exifを変更するだけだと写真情報に手を加えないから、回転に伴う画像の扱いはどうなるのか?などを気にしなくていい。
そんなことをやりたいなぁ〜と思いつつ、どうやって変更するのがいいのか色々と調べてみたけど、最終的にはコマンドで行うのが早くて安心で楽だった。

ExifTool

■ExifTool by Phil Harvey
http://www.sno.phy.queensu.ca/~phil/exiftool/

このツールをインストールした。

使い方

使い方はTerminalを起動して exiftool と入力すれば出てくる。

Exif情報を見る

exiftool <filename>
これで写真に含まれているExifを表示してくれる。

写真の向きを変える

exiftool -Orientation="Rotate 270 CW" <filename>
これで反時計回りに90℃回転する。

filenameは*を用いることでワイルドカード指定となる。