Skip to main content

2 posts tagged with "homebrew"

View All Tags

· 2 min read

Homebrewの動きが怪しかったから削除して、インストールし直した。
updateしたらGitのコミットメッセージを書くように促されたり、brewコマンドにパスが通ってなかったり、そんな状況。
Gitをインストールしてあった状態で brew update git したのがよくなかったのかも?

▶Homebrew — MacPorts driving you to drink? Try Homebrew!http://brew.sh/

uninstall

まずは全部消してしまおうということでこれを実行。rm -rf /usr/local/Cellar /usr/local/.git && brew cleanup

brewにパスが通ってなかったのでbrewコマンドはエラーになっていたからフルパスで。/usr/local/bin/brew cleanup

iTermが起動しない

brewでインストールしたzshを使っていたものだから、iTermが起動しなくなってしまった。
iTermの起動時に利用するシェルをbashに変更して起動。

iTerm設定

install

Homebrewのサイトに書いてあるスクリプトを実行してインストール。ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/Homebrew/homebrew/go/install)"これで元通り。

あとはbrewコマンドが使えるように /usr/local/bin にパスを通しておく。

まとめ

特になんてことないけど、シェルを消してしまったら別のシェルを使って起動するようにアプリ側の設定をすれば問題無いという話。

· One min read

MacPortsをやめ、homebrewを利用することにした。 ■ mxcl's homebrew at master - GitHub https://github.com/mxcl/homebrew/

インストール手順はここに書いてあるとおり。 ■ Installation - homebrew - GitHub https://github.com/mxcl/homebrew/wiki/installation

ruby -e "$(curl -fsSLk https://gist.github.com/raw/323731/install_homebrew.rb)"

Xcodeをインストール

あとは

brew install ...
とインストールしたいパッケージを指定すればよい。

Mercurialをインストールしようとしたら、出来なかった。 Mercurialはhomebrewを使ってインストールするわけではなく、インストール準備までだった。

brew install python brew install pip pip install mercurial

こんな感じにPythonいれて、pipを入れて、pipを利用してMercurialをインストールするという流れ。

sudo ln -s /usr/local/Cellar/python/2.7/bin/hg /usr/local/bin

最後にシンボリックリンクを張り、使いやすくしとく。