Skip to main content

Ubuntu 8.10にgitをインストール

· 2 min read

Ubuntu 8.10にgitをインストールする。 aptでgit-coreを入れてしまえばいいんだけど、パッケージはちょっと古いのでソースからインストール。

まずはgit-coreのコンパイル環境を整える。

sudo apt-get update sudo apt-get build-dep git-core sudo apt-get install libcurl4-openssl-dev sudo apt-get install libexpat-dev sudo apt-get install tcl8.5
ここではlibexpat-devを指定しているが、仮想パッケージなのでliexpat1-devがインストールされる。 これでgitのコンパイル環境が整ったので、gitをダウンロードして展開する。

Git - Fast Version Control System

http://git-scm.com/

展開したgitソースのディレクトリで下記を実行。 下記の場合はユーザディレクトリにインストールされる。 /home/USER/binにインストールされるってこと。

make all make install

Ubuntuの場合は ~/.profile の最後にでも、

PATH=/home/USER/bin:$PATHとでも書いておく。

gitはちょうどよく特集が組まれてた。

WEB+DB PRESS Vol.50