Skip to main content

3 posts tagged with "plugin"

View All Tags

· 2 min read

ブログをhttpsにしたらAmazonへのリンクが表示されなくなってしまった。
原因はAmazonへのリンクがhttpで生成されていたから。

そこで、WordPressのWordPress Amazon Associateプラグインをちょっと修正。
[-]WordPress Amazon Associate now supports multiple locales! | MDBitz Project Laboratory
http://mdbitz.com/2010/11/21/wordpress-amazon-associate-now-supports-multiple-locales/

--- WPAA/URIHandler.php.org     2016-10-28 14:06:41.017738677 +0000
+++ WPAA/URIHandler.php 2016-10-28 14:05:58.466449980 +0000
@@ -45,32 +45,32 @@
public static function getRemoteContentURI( $locale ) {
switch( $locale ) {
case "UK":
- return "http://rcm-uk.amazon.co.uk/e/cm";
+ return "https://rcm-uk.amazon.co.uk/e/cm";
break;
case "DE":
- return "http://rcm-de.amazon.de/e/cm";
+ return "https://rcm-de.amazon.de/e/cm";
break;
case "ES":
- return "http://rcm-es.amazon.es/e/cm";
+ return "https://rcm-es.amazon.es/e/cm";
break;
case "FR":
- return "http://rcm-fr.amazon.fr/e/cm";
+ return "https://rcm-fr.amazon.fr/e/cm";
break;
case "JP":
- return "http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm";
+ return "https://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm";
break;
case "CA":
- return "http://rcm-ca.amazon.ca/e/cm";
+ return "https://rcm-ca.amazon.ca/e/cm";
break;
case "CN":
- return "http://rcm-cn.amazon.cn/e/cm";
+ return "https://rcm-cn.amazon.cn/e/cm";
break;
case "IT":
- return "http://rcm-it.amazon.it/e/cm";
+ return "https://rcm-it.amazon.it/e/cm";
break;
case "US":
default:
- return "http://rcm.amazon.com/e/cm";
+ return "https://rcm.amazon.com/e/cm";
break;
}
}

httpをhttpsに置換しただけ。

試しにAmazonへのリンクを挿入してみる。

· 3 min read

Piwigoは写真アルバム管理のアプリのせいか、動画が扱えない。
長編を置くつもりはないけど、ちょっとした動画も扱えると便利なのに…と思って調べてみたら、プラグインがあった。

[+]xbgmsharp/piwigo-videojs
https://github.com/xbgmsharp/piwigo-videojs

このプラグイン、今は完璧ではないんだけど、とりあえず使えるレベルにはなっている。

piwigo-videojsプラグイン​

できること​

  • 動画を再生

ちょっと不足していること​

  • アルバムから参照できない( 最近の写真 や タグ からは参照可能)
  • ファイルをアップロードする際に拡張子をmp4にしなければならない
  • iOSアプリのPiwigoからアップロード出来ない(これはiOSアプリが原因だと思う)

· One min read

Pythonのコードを書くにはこんな感じがよさそう。 Pythonに限らず、プラグインの対応状況からいくとPerlやRubyでも使えそう。

sudo aptitude install vim-full

.vimrc

set nu sw=4 ts=4 sts=4 hlsearch showmatch backspace=indent,eol,start
let g:treeExplVertical=1

autocmd BufRead,BufNewFile *.py syntax on
autocmd BufRead,BufNewFile *.py set ai sw=2 ts=2 sts=2
autocmd BufRead,BufNewFile *.py imap <Nul> <C-p>
autocmd BufRead *.py set smartindent cinwords=if,elif,else,for,while,try,except,finally,def,class

autocomplpop.vim - vimグループ

http://vim.g.hatena.ne.jp/keyword/autocomplpop.vim"."(ドット)を打つと補完してくれます。

vtreeexplorer - tree based file explorer - the original : vim online

http://www.vim.org/scripts/script.php?script_id=184こっちはvimの左側にファイルをツリー表示してくれる。 .vimrc内の"let g:treeExplVertical=1"はこのオプション。