Skip to main content

タヒチ旅行:3日目

· 9 min read

タヒチ旅行それぞれの記事へのリンク


3日目

この日は朝日を撮ろうと早朝から朝日が見える丘へ! 朝はとても静か。 ふと下を見るとエイが泳いでた。

とても静か。 とても静か。エイが泳いでた。 エイが泳いでた。

これは鶏なのか? 朝日を見に坂道を歩いていたらこいつに遭遇。朝は結構そこら中にいるらしく、遭遇率が高かった。

これは鶏? これは鶏?

結局、この日の朝日は拝めずじまい。曇っていたからしかたない。

曇ってて朝日は拝めず。 曇ってて朝日は拝めず。

朝食へ

朝日の撮影も終了したので、朝食へ…と思って歩いていると鶏登場。そこら辺にいるんだけど。 この日だったか、正確には覚えてないが、鶏を撮りながら坂道を下っていたら朝食を食べ終えた観光客の人が声をかけてきた。 英語圏の初老という感じの人で「おまえたちは朝飯にシリアル食べるのか?」って感じの会話。 シリアル食べるって話をしてたら「それをこっそり持ち帰ってくるんだ。そして、それを鶏にやると食べるぞ(笑)」って。 どこの国の人も大差ないようだ。

見よ、このダッシュ力! 見よ、このダッシュ力!

朝食バイキング

バイキングはスクランブルエッグも焼いてくれるし、ソーセージなどの肉類もあるから、肉食,菜食のどちらも問題ない。 フルーツも結構いろいろとあったけど、フルーツの味は思ったほど美味しいわけじゃなかった。 朝食に出てくる食べ放題のフルーツとしては、食べ放題というだけで満足!

LUMIXの一眼を首から下げてたら「いい一眼持ってるね!俺はPanasonicで働いているよ!」ってナイスガイに話しかけられた(たぶん、そんな内容の話)。 あの爽やかさ、なんなのか。

こんな感じでバイキング。 こんな感じでバイキング。野菜など。 野菜など。水上コテージの橋の上からでも透明で魚がよく見える。 水上コテージの橋の上からでも透明で魚がよく見える。

シュノーケリング

この日もシュノーケリングでのんびりまったり。 部屋のカードキーをポケットに入れたまま泳いでいたんだけど、ファスナーを閉め忘れていたらしく海を漂ってたらしい。外国の人が拾って持ってきてくれた。 直接受け取ったわけじゃなかったから、浜辺にいた拾ってくれた人にお礼を言いに行ってきた。 このカードキーを拾ってくれた人もナイスガイ。

そういえば、タオルのレンタルの受付にもスタッフがいるんだけど、ありえないくらいいい身体してた。 スポーツ万能そうな体格で爽やかで、愛想がいいあたり、衝撃的。

この日はホテルスタッフがお菓子を配ってて、ビーチで一口サイズのお菓子食べた。

熱帯魚? 熱帯魚?魚のたまり場。 魚のたまり場。この日の天気。 この日の天気。この魚は珍しくなく、たくさんいた。 この魚は珍しくなく、たくさんいた。近付いても逃げないし、目が合ったままやってくる独特の怖さがある。 近付いても逃げないし、目が合ったままやってくる独特の怖さがある。ただ単に光が射してるだけなんだけど、きらめきがとても綺麗。 ただ単に光が射してるだけなんだけど、きらめきがとても綺麗。15:00過ぎていたので軽めに。 15:00過ぎていたので軽めに。こいつはお構いなしにうろうろ。 こいつはお構いなしにうろうろ。夕暮れ。 夕暮れ。一応、寿司なんだけど…なんとなく甘く、醤油もなんか違う。 一応、寿司なんだけど…なんとなく甘く、醤油もなんか違う。

バスタブ

シュノーケリング後は部屋でシャワーを浴びるんだけど、シャワールームは使いやすくはなかった。 左奥がシャワーヘッドだけついたシャワー専用室。 写真には写ってないけど、右にも同じような個室があって、そっちがトイレ。 洗面所2台とバスタブが同じ部屋にあるんだけど、あれは…8畳くらいはあったんじゃないだろうか?お湯も溜めづらく、不思議な間取りだった。 溜めづらいと言っても、ストレスになるほどじゃなく、日本人でも平気。

バスタブと洗面所。洗面所は反対にも同じものがついている。 バスタブと洗面所。洗面所は反対にも同じものがついている。

3日目はこんな感じに終了。