Skip to main content

14 posts tagged with "server"

View All Tags

· 2 min read

サーバーが不調だ。 サーバーのせいではなく、設定が悪いことはわかってる。

MySQLの最大接続数を減らしてみた。 初期値は100なんだけど、10まで下げてみた。

/etc/my.cnf

[mysqld] ... key_buffer = 64M ... max_connections=10
これでどうだ!? 心なしか、表示が少し早くなった気がするんだけど、もし、この感覚が正しいとしたら余計なコネクションがあったってこと?

今のところ、 mysqladmin -u <USER> -p extended-status|grep Max

| Max_used_connections | 3 |
接続数は3つらしい...と思って、今確認したら5に増えてた。

パフォーマンス向上のために最大接続数を増やす事例の方が多いような気もするが、限られたリソース内だと減らすしか無いな。 また様子見です。

· One min read

ログにoom-killerという文字があった。 Out Of Memory-Killerらしい。

物理メモリもswapも使い切ったときに、あるプロセスを殺して、メモリを確保するらしい。 おい〜!! またMySQLの使用メモリ量を変えてみたが・・・どうしたらいいのよ?

· One min read

MySQLのメモリ量を変えたのにまた落ちた。 今度はメモリが足りなくてswap(256MB)を使い切ったらしい。

MySQLってこんなにチューニングが必要だったのね...とつくづく感じた。 今の時代にしては搭載メモリが少なかったり、ブログのデータ数が増えたり、そういうところも関係してくるんだろうけど、こんな現象に遭えるのはある意味、いい経験。

· One min read

ブログの調子の悪い原因が発覚! MySQLをインストールしたまま、全くチューニングを行わなかったから。

まずはサンプルファイルを利用して設定ファイルを用意。 cp /etc/my.cnf /etc/my.cnf.org cp /usr/share/mysql/my-medium.cnf /etc/my.cnf

あとは、各ディレクティブにUTF-8の設定をする。

[client] default-character-set = utf8

[mysqld] skip-character-set-client-handshake default-character-set = utf8 character-set-server = utf8 collation-server = utf8_unicode_ci init-connect = SET NAMES utf8

[mysqldump] default-character-set = utf8

[mysql] default-character-set = utf8

しばらくはこれで様子見かな。 メモリが360MBしかないサーバーだから、メモリサイズの指定ミス(というか指定していなかった)でMySQLが逝ってしまっていたらしい。

· One min read

サーバーでディスクIOとか、アラートが出てたけどブログは動いてるっぽい。 今まではアラートメール後にアクセスするとサーバーエラーだったんだけどなぁ。 しばし様子見。

スパムコメントが大量に来てたからこれが原因か?

· 2 min read

さっきの "Apacheのバグだった?" はとりあえず解決したっぽいが、この前にサポートから返信が来た。 直訳すると、

ここ見て、自分で解決しろ。
おぉ~🙄 やっぱり、そういう返答かい。 VPSだから、そうだろうなぁ~と思ったけど、今回みたいなときの対応も分かり、よりVPSを使うことに安心感が出て来た。 それまではうまく動かないと "これだからレンタルサーバーは困る😔 " って感じだったんだけど、解決法がわかると気楽になるもんよね(笑)

今回はApacheがメモリを食いつぶしてるようだったので、起動直後にログインし、Apacheのプロセスを停止。 その後、更新できるソフトは更新し、再起動。 これで解決した。

· One min read

最近、レンタルサーバーの調子がよくないなぁ。 ApacheとMySQL周りでメモリ関連のエラーが出てるっぽい。 サーバー(Xen)なのかアプリなのかよくわからないが、一度、入れ直すかな。 Pythonのバージョンが古かったりと、ちょっと使いづらいところもあるし、WordPressのバージョンアップもしたいし。

時間あったらやろうっと。

· One min read

XMPPを使ってみました。 XMPPってGoogle Talkでも使われてるメッセージのプロトコル。 中身はXMLです。

Google Talkで使ってるくらいなので、チャットとか、そういうのに向いてます。 そこに、30KBのテキストを流してみた。 ・・・遅っ!!

やっぱ無理でした。

· One min read

sudo aptitude install ejabberd

インストール直後はアカウントが無いので設定を行う。 初回に作成するアカウントはIMのアカウントでもあるが、管理ページにログインするのにも利用する。 sudo dpkg-reconfigure ejabberd サーバー: localhost ユーザ: admin(←なんでもよい) パスワード: ここは2回聞かれる

その後、http://localhost:5280/admin/ へアクセスする。 ここで先ほどのアカウントを入力する。 上記の場合は、 ユーザ名: admin@localhost パスワード: 設定したパスワード って感じに入力。 ユーザ名はドメイン名も入力しないとログイン出来ません。

起動と停止はスクリプトで行う。 sudo /etc/init.d/ejabberd [start|stop|restart]

■ejabberd - tkusano.jp

http://tkusano.jp/ejabberdこちらのサイトが参考になります。

· One min read

Orbited – Networking for the Web

http://orbited.org/この情報、国内は少ない!

cometを使いたいのだが、ちょいとイレギュラーな使い方になりそうだ・・・。

· One min read

やっとブログが元に戻りつつある。 今回はサーバーへの接続はVPNを採用してみた。 これでパスワードを難しくしたよりも安心。 レンタルサーバー、ブラウザ上からコンソールが利用できる(Ajax実装らしい)から、キーはなくしても平気(笑) VPNでつないだ方が明らかに軽快なんだけどね。

ついでにGoogle Analyticsを見てきたら人気のあるページが偏ってた。

  1. ESXiのドライバあたりの設定
  2. 玄箱のシリアルコンソール
  3. Xen

ものすごい偏り🙄

· 2 min read

今度のサーバー、トラフィックが見えるし、しきい値を越えるとアラートで教えてくれます。 気になることが2点。

  • ネットワークのトラフィック(Incoming)が一時的に上がってる
  • Disk I/Oが特定の時間だけ多い

ネットワークの方はそのころにbotがやってきてるから、もしかしたらそれかも? Disk I/Oが不明・・・と言っても4kに満たない程度だからたいしたことないか。 そのときのCPUの使用率も6.5%くらいだし。 グラフにするとちょっとしたアクセスでも突出するから気になる(^^; そして、今までグラフ化されてなかったものだから、目に見えるようになっただけで気になってるのかも。

· One min read

早速、アタックをくらったっぽい😢 CPUとHDDのI/Oがとんでもないことになってた。

ログを見たり、いろいろと調べてみるとFTPへのアタックっぽい。 セキュリティホールの報告もないし、大丈夫だとは思う。 侵入されたわけではないけど、気持ち悪いから週末にもう一度構築し直そうかな。

OSの再インストールがすぐに終わるのが不幸中の幸か(^^;