Skip to main content

9 posts tagged with "Kindle"

View All Tags

· 8 min read

「本を安く買うことは意外と重要なことではないか?」と思っている。

自分と本の間には相性があると思っているから、「良書だ!!」と思うこともあれば、「面白くないな…」と思うこともある。小説のように 読むこと自体を楽しみ にすることもあれば、技術書のように スキルになることを期待して 読むこともある。

有限のお金と時間​

片っ端から読んでいけば期待する本に遭遇することもあると思うんだけど、それを許してくれないのが有限である「お金」と「時間」。本を買いまくるためには お金 が必要だし、読みまくるためには 時間 が必要。この2つの要素が有限である以上、効率的に本を読みたいところである。

· 2 min read

エラー発生​

Kindleの書籍データが壊れた。
使っているKindleはKindle Papewhite (第7世代)という機種。

壊し方は簡単で、Kindleに入り切らないデータ量をまとめてダウンロードするだけ!
今まで読んでいた書籍などのデータが壊れるらしく、エラーメッセージが表示される。
もう、復旧してしまったから正確なメッセージはわからないがこんな感じ。

エラーが発生しました。削除してダウンロードしてください

復旧​

削除して、ダウンロードし直したけど、データは壊れたままで開けなかった。
大量にデータをダウンロードして壊したというのはなんとなくわかっていたので、MacとKindleをUSB接続してKindleの中を覗いてみた。
読み終わった書籍のデータなどもあるので、消えてもいいものはMac側に移動して容量を確保。
その後、Kindleを再起動したらKindleに残してあった書籍は読めるようになっていた。
だけど、読みかけのデータは消えてしまった。

[-] kindle paperwhite 2012 で破損したファイルに対処する方法 | 實松アウトプット
https://sanematsu.wordpress.com/2016/05/03/modify-broken-file-in-kindle-paperwhite-2012/
似たようなことを書いている人がいたので参考までにリンクを貼っておく。

· 2 min read

KindleでEPUBファイルを読もうと思い、Send-to-KindleでEPUBファイルを送ったら「Kindleに送信された文書に問題がありました」というタイトルでエラーメールが届いた。

[-] Amazon.co.jp: コンテンツと端末の管理
https://www.amazon.co.jp/mn/dcw/myx.html#/home/settings/payment
Send-to-KindleはKindle端末に電子書籍をメールで転送するサービス。
電子書籍と言えばEPUBも含まれていそうなものだけど、Kindleは対応していないらしい。

KindleGen​

エラーメールにはMobi bookなら対応していると書いてあったのでmobi形式に変換することにした。
調べてみるとKindleGenなるものがあって、これを使えばEPUBをKindleで読めるmobi形式に変換してくれるようだ。

· 4 min read

先日、本を自炊してPDFにしたんだけど、Kindleで読みやすい状態にするにはどうしたものか…と考えていた。
PDFをAZWとかePubとか、変換してくれるツールはあるもののいまいち。

結果的にはPDFをトリミングして(上下左右の空白部分を削って)Kindleに転送したものが一番読みやすそう。
結局はPDFなので、電子書籍ほど読みやすい文字ではないんけれど、まぁまぁ許容範囲。

だけど、問題もあって、KindleでPDFを読む場合は左綴じ(左から右に読む)限定。
今回の本は右綴じだから、読みづらい。
このページ送りが逆の問題を解決するために、ページ順を逆にすることにした。
PDFを開いたら1ページ目に表示されるのは一番最後のページで、PDFの最後のページが本の表紙ということ。
Kindleでは巻末から読み戻り、表紙に進むので100%, 90%, ..., 0%と読み進むことになるけど、読みやすいけどこれでいいことにする。

ページを逆順にする​

MacでPDFのページを逆順にする方法を調べたけど、そういうアプリはあまりなくて、コマンドを使った方が早そうだったのでコマンドで実行することにした。

· 2 min read

かんたん解説!! 1時間でわかる 電力自由化 入門を数日前に読み終えた。

セールで199円だったから読んでみるか…と思って買ったんだけど、今は162円になってる!!

特に何かすごい役だったというほどではないが、外国では結構当たり前に普及しているし、日本は今のタイミングを逃したら競争相手は国内企業だけでなくなっていたんじゃないかな?という感覚的な何かを得た気がする。

すっごいおすすめはしないけど、Kindle版が安いから気になったら読んでみれば?というくらい。
定価購入はおすすめしない。

· 3 min read

[+]Amazon.co.jp: Kindle日替わりセール: Kindleストア
http://www.amazon.co.jp/b?node=3338926051

たまに利用する Kindle日替わりセール 、もちろん安いからというのもあるけど違う感覚でも使っている。
それが「安いからしっかり読まなくていいや」という心理。

本を買ったら「きちんと読んで元を取らないと!!」って思うところはあるけど、気分が重いこともある。
単に気分が重いだけならまだいいけど、つまらなくて実にもならない内容だとしたら読んでいる時間さえも無駄。
こういう気分や時間を排除できるのが「安いからしっかり読まなくていいや」という心理。

例えば、1,000円の本がセールで200円で売っていたとしたら、スタバにでも寄って何か飲みながら流し読みをする。
重要そうだと思ったところだけちょっとじっくり読む。

そんな気楽さがいいな…と思えるのがKindle日替わりセール。
それと、ちょうどいいのが気になる本に出逢う間隔。
日替わりセールでも、さすがに毎日気になる本に出逢うわけでもなく、たまに気になる本が見つかる程度。

Amazonの思う壺でもあるんだろうけど、 気になるところだけ安く読める という感覚に近い使い方は電子だからできる新しいサービス形態のひとつだと思っている。

· 2 min read

ちょっと前から気になっていた アトム ザ・ビギニング1 を読んだ。

期待以上に面白かった。

アトムを読んだことがある人ならなんとなく登場人物がわかって、手塚治虫のマンガを読んだことがある人ならところどころのわかりやすい描画。
だけど、ストーリーはかけ離れているようでコンセプトは一致しているというか、続きを読みたいと思えるマンガ。

最近は電子書籍をKindleで読むことが多いんだけど、「読む」ということに関しては電子ペーパーいいなぁ〜というのが日に日に強くなる感じ。
初めからある程度いいとは思っていたものの、安定感が強くなるというか、じわりじわりとよさが浸透していくというか、見慣れている液晶と比較するものではないと感じる。

そんなこともあって、最近は読むのが結構楽しいというか、苦にならないというか、いろいろと読みたいと思っている。
前々から読みたいと思っていた 億男 も読みたいけど、ちょっと高い。

Kindleのセール対象にならないかな?と心待ちにしている。

· 3 min read

iPad miniで電子書籍を読むことが多いんだけど、光の反射が邪魔だなぁ…と思うことが多くなってきた。
たぶん、日差しが強くなったこともあって、通勤中で気になることも増えてきたんだと思う。

少し前にお遊び用に買ったKindleが手元にあったから、試しにiPad miniから乗り換えてみた。
そしたら軽くて小さいから持ち運びしやすいし、反射もなくて読みやすい!!

技術書で図が載っていたり、コードが載っていたりすると明らかにiPad miniの方が把握しやすいんだけど、
今読んでいるのは文章が主体なのでKindleでも全然問題なかった。
むしろ、読みやすい。

▶Kindle - 気軽に始める電子書籍体験: Amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00KDROTZM

お遊び用に買ったKindleだから一番安いやつで、もう少し文字が綺麗だと読みやすいかな?と思う反面、
この価格でここまで使えるなら安いだろうと思っている。

しばらくはKindleを使ってみて、技術書もどこまで許容範囲か試してみようと思っている。
もう一回り大きくて7インチだったら…と思うこともあるけど、
紙の書籍に近い大きさで読みやすいサイズとも言える。
なんだかんだ言ってちょうどいいサイズなのだろう。
技術書もそこそこめるなら、iPad miniは持ち歩かなくていいんだけどな〜。

· 2 min read

今さらだけど "7つの習慣" を読み終えた。

読んでよかったと思える本。

タイトルからもわかるとおり、7つの習慣について書いてある。 7つも習慣化するのはするのは大変だろう…という感じで読み始めたが、読み終えた今となってはそういう感じはしない。だからと言って、7つも習慣化出来るとも思ってない。 習慣というか "こういうことを意識して行動していくとこうなるよね、きっと" って感じのことが書いてあって、それが1〜7まであるような印象。 一応、順番はあるものの、関係性に順序があるわけでもないので順番とはちょっと違う感じに受け取った。

この本、いろいろな人に薦めたいが480ページあるので、ページ数だけで読む気が失せる人もいそう。 薦めたら(というか、本をあげたら)読みそうな人がひとりいるくらいかなぁ。

こういう厚い本を持ち歩いているとKindleが欲しくなる。 ■ Amazon.com: Kindle Wireless Reading Device, Wi-Fi, Graphite, 6" Display with New E Ink Pearl Technology: Kindle Store

http://www.amazon.com/dp/B002Y27P3M

$139と聞くと、買ってみようかと思ってしまう。